記事提供:しらべぇ

『家なき子』(日本テレビ系)での「同情するなら金をくれ」というセリフで一世を風靡した女優・安達祐実。

35歳になった安達だが、21日に投稿されたセーラー服姿が「ヤバすぎる」と話題を呼んでいる。

■35歳とは思えないセーラー服姿に称賛の声

21日から放送される剛力彩芽(24)主演の『女囚セブン』(テレビ朝日系)に坂本奈津役で出演する安達。番組公式ツイッターは同日に、セーラー服に身を包んだ安達をおさめた写真をアップした。

安達演じる坂本奈津は「無銭飲食を繰り返す、刑務所ナンバーワンの情報屋」という設定のよう。主人公の神渡琴音(剛力)に優しく接しつつも、じつは陥れようと暗躍しているミステリアスな役柄だ。

しかし、写真からはそういった腹黒さを一切感じないほど純真無垢ぶりだ。ネット民からも「かわいすぎる」「35歳とは思えない」と好評のよう。

・やっとセーラー服が似合う歳になったのか。

・小さいし童顔だからすごく似合う!35歳とは思えない若々しさ。

・安達祐実ちゃんのセーラー服姿が超絶可愛すぎて「オッオッオッ…オワァ…」としか発声できない症状に陥ってる。

・安達祐実のセーラー服が想定以上にかわいい。

出典しらべぇ

■「人妻になってからセクシーに」男性3割が支持

2014年に再婚し、一部からは「人妻になってから色気がスゴイ」と言われる安達。

しらべぇ編集部が全国20~60代の男性671名に「人妻になってから色気が出た芸能人」について調査したところ、「安達祐実」を支持する意見は3割ほど。

世の男性たちは安達の色気に対して敏感であることが判明した。

安達のセーラー服は『女囚セブン』第1話で堪能することができるとのこと。安達ファンは見逃せないだろう。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年2月19日~2016年2月22日
対象:全国20代~60代の男女1,341名

権利侵害申告はこちら