結婚する前、あんなに可愛くて、尽くしてくれて、何でも自分のことを「スゴイ!」と目を輝かせて褒めてくれていた妻が今は…とお嘆きのお父さん、旦那さん。

あの綾小路きみまろさんが「嫁イジリ」で食べていけているところをみると、同じ思いを抱いている男性はかなり多いはず。

今回のメルマガ『そうだったのか!この違いがわかれば、きっと許せる「男女の違い105」』では、世の男性が抱える「妻(彼女)への不満」を大公開。共感しているうちに、きっと気持ちが明るくなってくるはずですよ。

ここが我慢できない、こんな人とは暮らせない

私が主催している「相談室」には、恋愛相談、夫婦関係相談も多く寄せられるのですが、その中でも多いのが、

夫(妻)の彼(彼女)のここが我慢できない。どうして、こんなことをするのか?これをどうしたらいいか?」

というものです。

この相談をしてくる方々は、まだまだ二人の関係をなんとかしたい、という気持ちがあるので、いろいろな対処方法を模索されるのですが、正直なところ、パートナーを変えていくのは至難の業で、どちらかが、諦めるか、変わるまで根比べ状態になります。

なぜでしょう?

こちらにとっては我慢できないことが、パートナーにとっては、ものすごく自然なことだったり(今までそのようにしてきたし)そうしたいからしている無意識なことだったりして、とても直したくない直せないことでもあるからです。

「自分を愛していたら、直すはず…」

なんてことには、なかなかならないのですね~。

パートナーはパートナーで、

「これを直したら、自分ではない。だってこれは自分にとっては普通のこと。知り合う前からの習慣だし。相手を愛していても、直す必要はない。むしろ、相手が自分を愛していたらこんなことは大目に見るべきだし受け入れるべき

と、思っているかもしれません。

「愛」が、水戸黄門さまの印籠にはならないのですね~。

お互いさまというところもありますし、ね。

今号は、この辺りのお話ですが、うんうん、こんなことあるある~こんなことはないな、などなどと軽い気持ちで、自分たちのことを振り返ってみてくださいね。

少し冷静になってパートナーを眺めることができ、何かしら、発見もあると思います(笑)。

なお、今号は、相談室に寄せられた実例と、こちらの本↓の事例を参考に紹介いたします。

出典名:こんな女とは暮らせない 著者:荒谷 慈

出典名:こんな男とは暮らせない 著者:荒谷 慈

また、暴力、ギャンブル(を含む依存症)、浮気、借金などの深刻な事例は省いております。

よろしくお願いいたします。

今号のキーワードは、

・男性は、「代替えがきく」

・女性は、「だまされない」

どんなことか、最後まで読んでみてくださいね。

自分たちとは違うよ~と、思われる方もおられると思いますが、何かの参考にしていただければ幸いです。

こんな「女」とは暮らせない

以下に紹介する実例や事例のような、夫(彼)、妻(彼女)と暮らしていて、我慢している方は、苦労されている方は多いようです。

ひとつかふたつなら、まだご愛敬で、目もつぶれますが、これがいくつも重なると、事態は深刻になります。

では、まず男性側からの言い分。

《料理や食事作法について》

・結婚前の手作り弁当にホレたが(料理上手と思って)、その弁当は母親が作っていて、結婚したら弁当づくりもまともな料理もできなかった

・味が合わない、味が変:同じメニューでも毎回味付けが違うし、どれもまずい

・「これ(例えばコロッケ)が好きだ」というと、毎日、コロッケが出てくる、同じメニューが多い

食べ方が汚い:フランスパンを丸かじりする、皿を口のところまで持ち上げて食べる、しゃべりながら箸を振り回し食べ、時々、口から食べ物を吹っ飛ばす、茶碗も箸も置かず、かまずに食べる(ようにみえる)、おかずをくちゃくちゃとこね回し、嫌いな食べ物があると、こちらによこす

グルメにこだわる食費が高い:「このブランド肉じゃないとイヤだ」とか、お取り寄せなど、食材にお金をかける

料理作りがキライなので、総菜やできあいが多く、食費が高いわりに、栄養価もおかずも貧弱

《家庭》

家を全部かわいいもので埋め尽くされた:例えば、レース、キティちゃん、ピンクで統一など。とても友人をよべるような家ではなくなったし、なにより、落ち着かないし気持ちが悪い

・酔った友だち、同僚を家に入れない、追い払う:家に誰かを連れてくると露骨にイヤな顔をする。メンツ丸つぶれ

家がゴミ屋敷状態:買いだめ商品と食べかけの商品やゴミで、足の踏み場もなし。捨てられないらしい

掃除嫌いで部屋が汚い:整理整頓も苦手で、なんでも置きっ放し、やりっ放し…。いっしょに掃除をしても、すぐに元通り…

夫の悪口愚痴を垂れ流し:子どもを味方にし、追い出し作戦?をしているようだ

靴下パンツを別々に洗う:夫の靴下やパンツは「汚い」と、自分や子どもの洗濯物と分けて洗う

《容姿》

スッピン鼻くそいじりバカ笑いジャージ姿:昔の彼女はどこに…。しかしながら、出かける時にはばっちり化粧。「どうしてオレの前ではキレイにしないの?」と問えば、「はぁっ?」と軽蔑のまなざし

だらしない:髪のぼさぼさ、服もよれよれ、服は脱ぎっぱなし、何を頼んでも、時間通りにできない、しない

・毎年体重増加で大太り…。結婚当初の体型は面影もない。これは、詐欺だ

《会話》

はっきり言わない:何を言いたいのか、わからない。そして、「あなたには私の気持ちを察してくれないと非難される

べらべらおしゃべり:しかもそのおしゃべりの内容が、悪口、非難、批判、噂話、自分のしたことなどなど、事細かに聞いてないと怒りだす。そのせいで、トラブルに巻き込まれることが多い

ころころと意見や会話が変わる:なんでこの話が、その話になるのか、わからない。昨日と今日の意見がまるで違っても平気。論理など、どこにもなく、会話についていけない

文句が多い:ああしろ、こうしろ、ここが悪い、ここがダメ、などなど、何をやっても、言っても、がみがみ文句を言われる。家で休んでいると文句を言われ、それがイヤででかけると、帰ってくると仏頂面でまた文句

罵倒される:小さなことでも犯罪者のように大げさに罵倒される

《習慣、価値観》

・携帯電話、パソコンチェックなどをして、嫉妬深い:夫(彼)のことは「何でも知りたい、知っておきたい、知る権利がある」とばかりに、細かくチェック。レシートやカバンの中なども…。まるでそれは裏切りの証拠をつかもうとしているような…

・「これがいい好き全く違う:趣味(本、洋服、楽しみ)、食べ物、テレビ番組、時間の使い方も、好きなものがともかく違う。「なんでこんなもの好きなの?」と軽蔑の目で見られる。共通点が見つからない

ブランド好き:外食しようとすると「今話題の○○じゃないとね」。バックは「○○ブランドがいい」。今話題や有名な店、ブランドが大好き

経済感覚なし:毎月、十分なほどの生活費を渡しているし、彼女自身も働いているのに、月末はほとんどお金がなく、毎月赤字。何に使っているのか、わからないがでていく。金遣いが荒いというか、金銭感覚がないのか

節約し過ぎで、好きな食べ物も食べられず、トイレットペーパーも自由に使えない

常に新しいダイエットに挑戦しているが、続いたためしなし、効果なし。ダイエットのサプリメントがいっぱいある。食べるのを控えればいいだけなのに

夫の実家のすることなすこと非難し毛嫌いする。出身地の料理(例えばお雑煮など)を「こんなの気持ち悪くて、食べられない」などと言ったり、せっかく送ってきたものを「こんなものいらない」などと言って捨てたりする

続いて、女性側の言い分です。

つづきはご登録の上、お楽しみください。初月無料です

権利侵害申告はこちら