記事提供:しらべぇ

若さはひとつの魅力だが、人は歳を重ねると得られるものも多い。男性も女性も同様だ。

しらべぇ編集部の調査では、「女性の女ざかり」は5割弱が「30代」と考えていることが判明した。では、男性の男ざかりはどうなのだろうか?

全国20~60代の男女1,361名に調査してみたところ…。

■トップは「30代」

もっとも支持を集めたのは「30代」で、およそ4割。10ポイントほど差をつけて「40代」が続く。「20代」と答えた人は1割台で、全体の7割は「3、40代が男ざかり」と考えていることがわかった。

40歳の男性が一念発起して漫画家をめざす『俺はまだ本気出してないだけ』という漫画(2013年に堤真一主演で映画化)があったが、男性が「本気を出す」なら40代までに出しておいたほうがよさそうだ。

■「男ざかり」は「女ざかり」より遅い

「女ざかり」を調べたグラフと比較してみると…、

「男ざかり」「女ざかり」ともに30代がトップであるのは変わりないが、男性は2位が40代なのに対して、女性の2位は20代。

日本社会における評価では、女性は比較的若さがポイントとなり、男性がもっとも輝く年代は女性よりも少し遅くなる傾向が見える。

個人差はもちろんあるだろうが、男女とも「30代」の期間を大切に過ごすことが、充実した人生につながるのかもしれない。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年2月24日~2017年2月27日
対象:全国20代~60代の男女1,361名(有効回答数)

権利侵害申告はこちら