Licensed by gettyimages ®

※写真はイメージです。

お月見で有名な十五夜は知っている方も多いかと思いますが、二十六夜(にじゅうろくや)というのがあるのをご存知ですか?下弦から晦(陰暦で月末)までの間の三日月を「二十六夜」と呼ぶのだそうです。

Licensed by gettyimages ®

※写真はイメージです。

そんな二十六夜の月と、そして金星とが揃って昇ってきたという、なんとも興味深いシーンを捉えた写真が注目を集めています。

話題になっているのは、プラネタリウム映像クリエーター兼CG作家のKAGAYAさんが中央アルプスで撮影して、自身のTwitterアカウント(@KAGAYA_11949)に投稿された写真。それが…

こちら!

出典 https://twitter.com

なにこれ…神秘的…。

雲の上に広がる幻想的な光景と、下界の灯りが相まってなんとも神秘的な写真ですね。

(※権利者の許可を得て掲載しています)

こちらのツイートは、4千以上のRT(リツイート)や、1万を超えるいいねがされるほど話題となり、見た人たちからは…

・自然の極みみたいな景色
・銀河鉄道の夜のよう
・幻想的で綺麗
・まさに天空の都市のようです
・幻想的な世界観!

・世界は綺麗だ
・神秘的で、綺麗ですね
・こんな風景の中に身を置いたら一生忘れない

などの声がたくさん寄せられています。

その他にも素敵な写真がたくさん!

KAGAYAさんのTwitterアカウントでは、その他にも素敵な写真がたくさん公開されているので、その中の一部をご紹介します。

こと座流星群の流れ星…すごい…。

肉眼では捉えきれない星たち…美しいですね…。

どちらも息を飲むような光景です。

どれも幻想的で、吸い込まれそうになる写真ばかりです。

興味のある方は、写真集やTwitterアカウントを是非チェックしてみてくださいね!

関連記事

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら