記事提供:日刊SPA!

池袋ヤマダ電機

家電や家具の買い替えに引っ越し…高額な出費を迫られたとき、同じものなら最安値でゲットして得したいのが人間の心情。ネット通販が台頭する現在、店頭の表示価格のまま支払うのは損している!?

そこで今回は“値切り”を追求。記者が実際にモノとサービスの価格交渉に挑戦した!

※価格は3月19~26日までのもので、税抜き実質表記です。交渉によって必ずしも同じ価格になるとは限りません。

◆王道!家電の価格交渉にまずは自己流でチャレンジ

“値切り交渉”と聞いて真っ先に思い浮かぶものといえば家電。そこで記者Kが、自己流で家電の値切りにチャレンジしてみることに。

まずは新聞に折り込まれた、家電量販店のチラシを物色。すると目についたのは、業界最大手・ヤマダ電機のチラシに掲載されていた日曜特売品・パナソニックのビエラ32型テレビだ。

週末商戦に向けて広告に掲載されるものは、おそらく店側が売りたい商品。普段よりも値引きにも応じてくれるのではないかと期待が高まる。

そして日曜日、池袋のヤマダ電機日本総本店に足を運ぶと、そこには広告に掲載されたテレビが。店頭価格はチラシどおり4万5800円(税別)にポイント11%還元なので、実質4万762円だ。あとはどこまで値切れるか。

そこで、商品知識に富み、自社製品を一番売りたいはずのメーカー社員を呼び止め、「もっと安くなりませんか?」と直球で値切ってみる。

すると、この一言だけで4万2000円+ポイント12%(実質3万6960円)になり、上々の滑り出し。さらに、店員と仲良くなれば交渉が有利に働くのではと、趣味や仕事などの雑談を振ってみるが交渉は進展せず。

なんとか現金価格をもう一息値切るべく、思い切って予算3万円だと伝えると、提示額は4万2000円+ポイント14%(実質3万6120円)で、ポイント増に。その後も粘ったが、これ以上は現金価格もポイントも変わらず。

当初からは約11%の値切りに成功したが、価格.comの最安値3万3704円(3月19日時点)には届かなかった。自己流で試したのは下に記した4点。

<自己流の値切りポイント>

・日曜日の夕方に店へ行く
・メーカーからの出向社員と交渉
・予算を伝える
・雑談で和ませ情に訴える

交渉結果

4万762円→3万6120円…初交渉でも約11%の値引きに成功。一言お願いするだけでもある程度は安くなる。

※果たして、このやり方は正しかったのか?次回、“正しい”家電の値切り方をプロに聞き再挑戦。さらに安く買うことができるのか、乞うご期待!

―価格交渉どこまで値切れるのか?―

日刊SPA!のおすすめ記事】

権利侵害申告はこちら