人気コンサルの永江一石さんが、さまざまな質問に答えてくれる人気メルマガ『永江一石の「何でも質問&何でも回答」メルマガ』

今回、読者から寄せられたのは、「日本もたばこのパッケージに健康被害の画像を義務付けるべきでは?」という質問です。

海外では、たばこのパッケージに健康被害を連想させる「真っ黒な肺」やドクロのマークなどといった画像を使用するのは一般的なことですが、日本では普及していません。

質問者は「日本のたばこ(のパッケージ)はオシャレすぎる!」と主張。果たして「嫌煙家」を公言している永江さんの出した答えとは?

全てのたばこのパッケージに健康被害の画像を義務付けたい

Question

「日本の全ての煙草のパッケージに健康被害の画像を義務付けて欲しい!」のですが、効果はあると永江さんは思うでしょうか?画像義務付けの目的は、“喫煙者に気分を害して欲しい”からです。

おっと、こんなこと言うと喫煙者からの猛反発が(汗)。私の父親、祖父が長年の喫煙者で、父にいたってはCOPD(通称:タバコ肺)で救急車で2度、搬送されてもまだ止めない。もう麻薬と一緒ですよ。

祖父にしても孫、赤ちゃんの前でも平気で吸う。自分が大丈夫だから他人も平気だろうって考えなんです。間違いない麻薬だよ。多くの喫煙者(スモーカー)って周囲の迷惑を一切考えないんです。

周囲が煙や匂いで迷惑してもお構いなし、ならば、吸う度に喫煙者にも嫌な思いをして欲しい、という非喫煙者(私ね)からの願い。

※画像掲載で彼らがタバコを止めるだろう、なんて甘い考えは持ってません。日本のタバコはオシャレ過ぎるんですよ、タバコで汚れた肺や口の中の写真をデカデカと載せればいいのにって思うんです。

日本、文字だけとかどんだけ甘やかしてんだよ(笑)。それにベテランスモーカーは老眼であんな小さな文字読めんだろ(笑)。だから、吸う度にあなたたちの身体はこうなっていくんだよ!って大きな画像を載せて強烈なインパクトを与えて欲しい。

生産者・販売者(と喫煙者?)は反対するだろうけれど、圧倒的に賛成の数が多いと思うんですけどねえ…。

永江さんの回答

これはもちろんやるべきですし効果もあると思うのですが、なぜいまだに出来ないのかというと既得権益からの圧力がネックになっているからだと思います。

先日自民党たばこ議連の発言をブログに書きましたが、彼らは当初「飲食店の全面禁煙化は小規模店の存続を脅かす」などと言いながら、本音を探るとJTとたばこ農家という二大既得権益を守るのが目的だったんです。

これらは選挙で大量の組織票を見込めるからですね。

JTはまず間違いなく水面下でロビー活動を展開しているでしょうし、葉たばこ農家は激減しているにもかかわらず1人あたりの作付け面積は増えているので相当儲かっているはず。おそらくどちらも自分の選挙区の政治家との結びつきは密接だと思います。

では彼らに対抗するにはどうすればいいかというと「たばこ業界に肩入れすると民の信頼と票を失う」ということを骨身に沁みさせればいいんです。

例えばわたしのようにブログで地道に発信したり、嫌煙派の人たちを組織化して「我々は議員は出しませんが、禁煙を推進する方々に対して票を送り込みます」と謳ってみる。

わたしもTwitterのプロフィールに「嫌煙党総裁(もしあれば)」と名乗る身として、その際には積極的に活動したいと思っています。

権利侵害申告はこちら