記事提供:Conobie

3人の子どもの母親業をやりながら、子ども会、学校のPTA等、数々の役員を経験した私ですが、あからさまに陰で不快なことを言われたのは末っ子が幼稚園の年少さんの時でした。

末っ子が幼稚園に入る時にPTA役員の選挙があり、ママ友さんから、「もし、今度誰も立候補しなかったら一緒にやらない?」と打診され…、

前々から、役員はすんなり決まらないと聞いてたのですが、案の定、誰も立候補しなかったので、2人で手を挙げてめでたく(?)役員になりました。

周りの人達はホッとした表情でしたが、こんな陰口も聞こえてきました…。

ちょっとショックでした。

何事もやってみないと分からないじゃないですか!

モヤモヤする気持ちはありましたが…、

初めての役員!

どんな仕事をするのかドキドキしながら参加しました。

役員の中には仕事をしている保護者の方もいて、休みがちでしたが、来れる時には、ちゃんと来てくれました。

できる範囲でできることを、やっていけばいいんですよね。

忙しいのは主婦も働いてる人も同じ。

一番大事なのは「協力する」気持ちだと思います。

イベントの準備は確かに忙しかったけど、打ち合わせの後にランチに行ったり、幼稚園で会えば立ち話したり…。

もともと引っ込み思案気味だった私ですが、一緒に何かをやってきた仲間もできて楽しく過ごせました。

何より子どもたちの普段の様子をチラ見できたり、

ちょっとした時間に、先生や他の役員さんに悩みを聞いてもらったり…。

終わってみれば、「やってよかったな」という達成感にも似た気持ちになれました!

幼稚園で、「ママが何かがんばってやってる!」

みたいな姿はなかなか見せることもできないものですし。

もし、また誰かに「役員なんて…」と言われたら、「一回やってみてもいいと思うよ」と、自信をもって伝えてあげたいな。

権利侵害申告はこちら