芸能界きってのイクメンパパ、つるの剛士

5人の子供を持つパパであり、第4子・第5子の誕生後には育児休業を取得するなど、男性の育休取得の草分け的存在として知られている、タレントのつるの剛士さん。

現在も、SNSにお子さん達との写真を多く載せるなど、相変わらずのイクメンっぷりが話題を呼んでいます。

息子のために塾通いを決意!

そんなつるのさんが、この春からなんと学習塾に通っていることが話題を呼んでいます。

きっかけは、13歳になった長男の成績。かつて“おバカタレント”として人気を博したつるのさん同様、学校での勉強があまり得意ではないという長男。しかし、そんな長男に勉強を教えたくても、つるのさん自身が息子の宿題を見ても「さっぱり分からない」という状況だったのだそうです。

そこで、「息子だけに勉強しろ!と言うわけにもいかない…」と一念発起し、自身も長男と一緒に塾通いすることを決意。

今月に入ってからは、仕事の合間に行ける大人用の塾や、家庭教師、ネットを使ったものなど、様々な塾を検討していました。

移動中もひたすら勉強する日々

ついに塾通いがスタートしたというつるのさんが先日、インスタにびっしりと文字で埋められたノートを披露し、話題を呼んでいます。

「(´3`)oO(最近、移動中やら空き時間を使ってずっと日本史(中学から、笑)の勉強から始めてるんですが、今まで普通に人生の中で自然に頭にあった単語(点)が線になって繋がっていく感覚が快感。
そりゃ学生時代にやっとけばさぞかし楽しかったんだろうけど、しゃーないよね。。
勉強したくなったのが今なんだもんなあ〜
もーすぐ42歳。」

詰め込みで教え込まれていた学生時代と違い、生活の中で様々な知識がある今になってから勉強をやり直すことで、また新たな発見や気づき、楽しみが生まれているようですよね。

ファンからも
「エライなぁ〜 見習わなきゃ」
「すごい お忙しいのに尊敬します」
「刺激いただきました」
といった声が寄せられるなど、大反響を呼んでいます。

「息子と一緒に」という姿勢が素敵

「親だから」「昔勉強したから」という理由で一方的に勉強することを強要するのではなく、息子さんと二人三脚で頑張ろうとする姿がとっても素敵ですよね。

もしかしたら、昔勉強が苦手で苦労した経験がある彼だからこそ、一番近い存在である父親が味方になってくれることの大切さを知っていたのかもしれません。

これからますます難しくなっていくであろう勉強も、息子さんと一緒に乗り越えていって欲しいですね。

数年後にはおバカキャラをすっかり卒業しちゃう日がくるかもしれません。

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

はむぽよ このユーザーの他の記事を見る

【Spotlight公式プラチナライター】
海外ドラマや海外セレブも大好きです。

得意ジャンル
  • マネー
  • 暮らし
  • 恋愛
  • エンタメ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら