記事提供:messy

LArc‐en‐Ciel.comより。

4月18日、「東スポWeb」が「ラルクアンシエル内紛!バンド解散の可能性も」といった衝撃的な見出しの記事を掲載した。

記事内ではL'Arc-en-Cielが所属事務所「マーヴェリック」から年内に独立する意向で、それに伴いバンド解散の恐れがあるとしているが、ファンからは「独立はともかく解散はねーよ」という主旨のツッコミが続出している。

確かに、ラルクがこのタイミングで解散なんてまずありえないだろう。

19日には続報も掲載され、メンバーがギャラの未払いから事務所に不信感を抱いて事務所から独立することを示唆。

他にも事務所はメンバーの承諾を得ないままでDVDの制作などを行っていたそうで、hyde(48)とtetsuya(47)の2人がすでに事務所と断絶状態にある、としている。

ラルクの活動が近年ともに時代を築いたGLAYと比べて少ないのは、事務所とのトラブルや、他のメンバーと足並みが揃わないken(48)の存在だと“関係者”が指摘しているとのことだが…。

トラブルが事実だとしても、おかしいのは事務所への不信感からバンド解散まで飛躍していること。

SMAP解散騒動のように、ラルク内では事務所残留派のken、独立派のhyde、tetsuya、中立派のyukihiro(48)と立場が分かれているともあるが、果たしてそうだろうか。

SMAPはジャニーズ事務所とのいざこざが解散につながってしまったが、SMAPのようにメンバーそれぞれが事務所に入ったことで結成されたグループと、個人個人が自らの意思で集まって結成した後に事務所に入ったラルクとでは、所属事務所に対する想いは全く異なるだろう。

いわゆる「筋を通す」「恩義」といった価値観が、ラルクと事務所の関係にも当てはまるのだろうか?

もうひとつ、ファンのツッコミが殺到しているポイントは、「GLAYに比べてラルクの活動が少ないのが怪しい」という推測だ。そもそも事務所問題以前に、メンバーがそのような活動方法を望んでやっているということは、ファンの中では当たり前の認識。

数年前からラルクは、バンドでのドームツアーなど大きな仕事とソロ活動を交互にするというサイクルになっている。

tetsuya自身「何年間インターバルを空けられるかっていうのが、そのアーティストの力だと思ってるんですよ。力がないと半年に1枚とか出さなきゃいけなくなる。僕らはなるべく2、3年に1枚のペースで活動できるアーティストになりたい」と語っていたこともあり、解散を意識してのことだとは考えにくい。

2000年に解散をして2010年に再始動したビッグバンドLUNA SEAも、バンドを動かすことの大変さを口にしている。

LUNA SEAも各自が精力的にソロ活動をしており、復活後は継続的な活動を行えていないが、ベース・J(46)は2016年の「音楽ナタリー」のインタビューで「LUNA SEAはすごく大きなバンドだから、一歩踏み出すときもいろいろなシミュレーションをするし、やらなくちゃいけないことがたくさんある。時間はかかる」と語っていた。

この規模のバンドとなると、GLAYのように継続的に活動を続けている方が異例というわけだ。

逆に考えればラルクが独立し、現状抱えている様々なしがらみから解放されたならば、もっと柔軟にフットワーク軽くバンドとしての活動もしていける可能性がある。

「現在のファンの思い無視で金だけ集めたいみたいな方針が変わるんなら、むしろ独立して欲しい」といった期待の声も上がっており、独立は歓迎ムードだ。1991年に結成し、実に26年も愛され続けているラルク。

まさかの電撃解散だけは、避けてもらいたいものだ。

権利侵害申告はこちら