クレジットカードや換金できるポイントカード、ICカードなどの普及で現金を持たずとも生活できてしまう現代社会。

自らもあまり現金を使わなくなったという無料メルマガ『サラリーマンで年収1000万円を目指せ。』の著者・佐藤しょ~おんさんですが、「ここぞの時に現金を使わないと金運は上がらない」と説いています。

一体なぜ?そしてその意外な理由を、あなたは信じますか?

現金VSカード

田舎暮らしになってからそもそも外出をしない、買い物をしない、コンビニが近くにないということで、お財布の存在を忘れてしまうことが多いんですが、それにしても現金の利用頻度がガクッと減ったなぁと感じます。

私の場合、月次処理で毎月一回給料を引き出す時にドカッと下ろして、それを個人の口座に入金して(これもネットでやれば現金に触れずに済むんですが、ネットでの送金って法人はスゴく高いんですよ)それでダンです。

買い物の多くはネットでカード決済ですし、たまにセミナーで都会に行く時に入るコンビニもパスモかTポイントカードのポイントで精算するので現金は不要。

公共の交通機関も同じくパスモ。タクシーは個人タクシーでパスモが使えない以外はこれまたパスモ。セミナーの2次会費用は基本的にカードを使えるお店しか利用しません。ホテルの支払いもカードかネット決済。

現金を必ず使うのはガソリンスタンドで、ここはカードも使えるんですが現金だとリッター6円も安くなるんですよ。70リットル入れると420円ですから、これはカードを使うよりオトクということでここは現金ですね。

その結果何が変わったかというと、銀行に行く頻度が減りました。サラリーマン時代は週に1回は現金の補充の為にATMに並んでいたんですが、これがガクッと減りました。

そして現金を使わなくなったらどこにいくら使ったのかが明確になるようになりました。だってカードとかネット決済って購入履歴が全部データとして残りますから。

現金払いだとひと月もしたら、どこにいくら使ったのかなんて分からなくなりますからね。

今の課題というか不満は、街中の飲食店の多くが未だに現金会計を要求するところです。電子マネーはダメ、Tポイントもダメ、クレジットカードは露骨に嫌がる、こういうところの代表が

・喫茶店
・ラーメン屋
・定食屋

で、現金はそういう時にしか使わなくなりました。

現金を使わない便利な生活。でもそれじゃ金運は上がらない

時代は今や、というかこれからはもっと現金がなくなる方向に行くはずなんですが、ところがこれだと金運は上昇しないんですよ。

日常の細々としたおカネはどうでも良いですよ。こんなのはどうでもよろし。

問題なのは、自分の人生を賭けたおカネ、土俵際乾坤一擲で使うおカネ、自分の成長の為に使うおカネについては、現金を使った方が現金が持つ式神のエネルギーが利用出来るのでパワーが出るんですよ。

私は田舎に移住する際に家を建てたわけですが、その家の頭金はわざわざ自分の銀行から現金を引き出してローンを組む銀行に持参しましたから。

こんなのは安全性を考えたら銀行間送金が普通なんでしょうけど、あえてそこを現金を引き出して支店長に手渡しをしたわけですよ。

ここに何かの秘密を感じ取ってもらえたら良いんですけどね。

現代のマネー、つまりお札って幻想通貨なんですね。この後ろにはゴールド(金)の保証がありませんから。みんながあれに価値があると考えているから(これを共同幻想といいます)、製造原価20数円の紙切れに1万円の価値を認められているんです。

それって呪術そのもので(という話を昔の金運編セミナーでしましたね)、その呪術的効果を利用したければ、これはもう取り引きの際に現金を介在させるのが良いに決まってます。

このあたり、今年の金運編で解説した(名古屋、大阪はこれからやります)んですけど、こういう点も時代に逆行するというか、逆張りをするというか、それがワザになったりするのが怪しい系の面白いところなんですよね。

権利侵害申告はこちら