お笑いタレントの明石家さんまさんが、ニッポン放送で約29年ぶりに番組パーソナリティとして出演し、29年にわたり絶縁状態となった理由について語りました。

■29年ぶりにニッポン放送の番組に出演

出典 http://www.1242.com

4月17日、ニッポン放送の特別番組「君に耳キュン!雪どけ 春の大作戦 明石家さんま オールニッポン お願い!リクエスト」に出演したさんまさん。

番組は『1億2000万人のリスナーと作る愉快な音楽番組』をコンセプトに、電話で出演するリスナーが“DJさんま”にさまざまなエピソードを披露しながらリクエスト曲をおねだりする内容でした。

出典 http://www.1242.com

これまでに、前妻である大竹しのぶさんの番組にゲスト出演したことはありましたが、メインパーソナリティを務めるのは1988年3月に終了した「明石家さんまのラジオが来たゾ!東京めぐりブンブン大放送」以来、29年ぶり。

ニッポン放送はこれを記念してスタジオ前にレッドカーペットを敷き、「お帰りなさい!さんまさん」と、大勢の社員やスタッフの拍手で盛大にお出迎え。

「まあ、なんということでしょう、29年。大騒動で迎えていただいて、お帰りなさいって言われても、帰ったつもりないし、すぐ出ていくのに~」

出典ニッポン放送「君に耳キュン!雪どけ春の大作戦 明石家さんまオールニッポンお願い!リクエスト」

さんまさんは番組冒頭からバッサリ(笑)

そして、29年にわたり絶縁状態となった理由について語り始めました。

■絶縁の発端は野球中継でのゲスト生出演オファー

Licensed by gettyimages ®

絶縁の発端となったのは、プロ野球ラジオ中継でのゲスト生出演オファー。

「ニッポン放送から、野球の中継に出てほしいと口説いてもらったけど、スケジュールの都合でできませんと断ったんですよ。でも、スタッフの人が大阪のラジオの生放送中にまで来てお願いされて。『生放送は無理だけど、録音なら』と野球の話を録音したんですよ

出典ニッポン放送「君に耳キュン!雪どけ春の大作戦 明石家さんまオールニッポンお願い!リクエスト」

一旦は断ったものの、それでも諦めないスタッフの熱心さに折れ、「野球中継前に1時間、録音で野球を語る番組でいいなら」という条件で出演。

そしたらなんと、生でやっている体で俺のコメントを野球中継に差し込んでいきはったんですよ。うまく編集して…。ええ加減にせいよと。全部裏切られたなと、不信感を持ってしまって、もう、やってられませんと辞めました。それが事実なんです」

出典ニッポン放送「君に耳キュン!雪どけ春の大作戦 明石家さんまオールニッポンお願い!リクエスト」

「生放送ならば生放送なりのトークがある」と考えるさんまさんとしてはこれは許せないことなのでしょう。29年が経ち、初めて真相を明かしてくれました。

■その後すぐ他局で新番組を開始。そのタイトルは…

Licensed by gettyimages ®

さんまさんはその後すぐにTBSラジオで新番組をスタートさせ、タイトルはニッポン放送への思いを込めて「明石家さんまのおしゃべりツバメ返し」としたこと、聴取率で1位を取ったことも合わせて告白。

今はもうそこまで根深いものは持っていないようで、自身の番組がなかったことについても「オファーもなかった」とネタにしていたほどでした。

そして当時の熱心な説得については「本当にありがたい話」とも。

■今後、レギュラー復帰の可能性は…

出典 http://www.1242.com

今回の番組は、リスナーのリクエストを受け付けて音楽をかけるのがメインテーマでありながら、3時間50分の中でかかったのはたったの5曲という、マシンガントークが炸裂した復帰作に。

ニッポン放送の幹部がレギュラー復帰を期待していることについては「ゆっくり溶かそう!氷にいきなり熱湯かけたらあかんやろ」と慎重な姿勢でしたが、エンディングでは「さんまのラジオが聴きたいなとか、ニッポン放送でさんまがやるのを聞いてみたいという方がいらっしゃるようなら…また」と、次回に期待できるコメントも。

これはレギュラー番組を担当する日も近そうですね~。期待しましょう!

この記事を書いたユーザー

苺いちえ このユーザーの他の記事を見る

Twitter、Facebookでのシェア大歓迎です♡よろしくお願いします♪

権利侵害申告はこちら