記事提供:しらべぇ

日本でも美味しい地ビールを作る工房は多数あり、その地域に合ったこだわりの製品が作られている。

日本酒の蔵元によるもの、飲食店が作っているものなど多種多様だが、その中でも「寺で作られるビール」は、青森県にある『梅香山崇徳寺』だけだろう。

■寺ビールとは

梅香山崇徳寺は青森県下北半島の最北部で、マグロで有名な大間町にある。実際に行ってみたところ、寺の前にも地ビール直売所の看板が。

看板には「高級」の文字もあり、製品には自信があるようだ。

寺でビールを作っているなんて信じられない人もいるだろうが敷地内にはお墓もあり、ビールを売っている以外は完全に普通の寺である。

そのまま敷地内を通過していくと…、

ビールの自販機を発見!どうやらここでビールを作り、自販機で販売しているようだ。

販売されているビールは5種類あり、パッケージが一緒の『麦雫』はペールエール・ビター・スタウトの3種類が用意されている。

買ってみるとパッケージの印刷がちょっと荒いが、手作り感があって逆にいい感じ。

裏面には境内に湧き出る天然水を使い、住職が作っているとハッキリ書かれている。

しらべぇ編集部で、ビール好きの記者が飲んでみた感想は…、

「非常にフルーティーで、ペールエールが好きな人ならきっとみんな好きな飲みやすさですね。とても美味しいです」

出典しらべぇ

…と高評価!

クラフトビールで有名なベルギーでは、トラピスト会などの修道院がビールをつくっており、日本で言えばお寺が地ビールをつくることも納得できなくもない。

大間町へ観光に行く人はマグロを使った寿司をよく食べているが、ぜひこちらの『寺ビール』も忘れずに飲んでほしい絶品である。

権利侵害申告はこちら