記事提供:日刊大衆

女優・有村架純(22)がヒロインを務めるNHK朝ドラ『ひよっこ』が、4月3日、ついにスタートした。

「2013年の朝ドラ『あまちゃん』では、能年玲奈演じるヒロイン・天野アキの母・春子(小泉今日子)の若き日を好演し、一躍、注目女優となった有村でしたが、その役は、ヒロイン役オーディションの選に漏れて与えられたものでした。しかし今回は、オーディションなしに有村が指名されたんです。ドラマの内容とともに、これ以上ない形で3年越しのリベンジを果たしたシンデレラストーリーとして、注目されています」(テレビ誌記者)

スタートダッシュが期待されたが、初回視聴率は、19.5%。

『あまちゃん』以降、8作続いていた20%の大台を割り込んでしまい、放送開始前に、「視聴率にはこだわっていきたい」と語っていた彼女にとっては、なかなか厳しいスタートに見える。

だが、「初回19%台と低調だったものの、回を重ねるごとに視聴率を上げ、最終週の平均視聴率を23%台にまで上げた10年の『ゲゲゲの女房』の例もあるので、19%台ならば上出来。実際、現場の士気はまったく落ちていないそうですし、有村は“早くもヒロイン役と完全に一体化しつつある”と、長く朝ドラ制作に関わるNHKスタッフを唸らせているといいます」(前同)

有村が演じるのは、茨城県の農家でのんびり育った主人公、みね子。

東京五輪が開催される1964年に集団就職で上京し、一人の女性として、たくましく成長する姿を描く青春ストーリーだけに、清潔感や爽やかさ、さらには素朴さを兼ね備えた彼女は、まさにハマり役だ。

「有村は役作りのために、体重を5キロ増やして、撮影に挑んでいるそうです。確かに、少し前に比べると、ふっくらして顔はまん丸。そのまん丸顔が、田舎でのモンペ姿や学生服姿をよりかわいらしく見せています」(制作会社スタッフ)

テレビ美女評論家の八木晶王氏は、この体重増を高く評価する。

「今後、上京して洗練されていくとともに痩せていき、肌の露出も増加することで、主人公の成長をより視聴者に印象づけるということでしょう。こうした細やかな役作りに、有村の高いプロ意識と、この朝ドラにかける意気込みを感じますね」

今後、スラリと女らしさを増すであろう、有村のボディの変化にも要注目だ。そんな彼女に不安があるとすれば、“お騒がせ姉”の存在くらいか。

「有村には、新井ゆうこ(26)というグラビアアイドルの姉がいます。この新井が、なんと『ひよっこ』放送直前の3月30日に、<突然ですが私、改名します>とツイッターに投稿。本名の“有村藍里”で活動することを発表し、5月にセクシーな写真集を発売することが明らかになったんです。これに、女優として大勝負の真っ只中にある妹の知名度を利用した“売名行為”と、一部で批判の声が上がってるんです」(芸能記者)

とはいえ、この姉・藍里のグラビアは、なんともセクシーで味わい深い。特筆すべきは、ふとしたときに、「やはり姉妹なんだな」と思わせる表情を見せてくれることだ。

「カットによっては、少し目を細めると有村に見えなくもないでしょう。このセクシー写真の残像を頭に描きつつ、『ひよっこ』を見ると、朝から楽しい気分に浸れること請け合いです」(前出の八木氏)

この騒動が姉妹ゲンカに発展しないことを願うが、「当の有村は今も、この姉とは仲が良く、改名も“売名”だとは思ってない様子。今は朝ドラを通じて、女優として、いかに成長するかにしか興味がなさそうです」(前出のスタッフ)

心配は無用。有村の熱演で、『ひよっこ』が国民的ドラマになる日も近い。

権利侵害申告はこちら