記事提供:gooランキング

ある意味思春期よりも多感な時期である「around 30(アラウンドサーティー)」、大体27~33歳の人の事を指すそうです。

「30代」という明確な年齢の壁に「負い目」のようなものを感じ、自虐的な表現をする人も多くなるとか。

そこで今回は「知りたくなかったアラサー女子会あるある」をアンケート、ランキングにしてみました。

一体どのようなあるあるが上位になったのでしょうか?

1位 1時間「うんうん」「わかる~」で会話が成立する
1位 自分たちを「ババア」と自称
3位 翌日話した内容の8割を忘れる

4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「1時間『うんうん』『わかる~』で会話が成立する」!

実際全然聞いていないのでは?という疑いも出てきそうな、「1時間『うんうん』『わかる~』で会話が成立する」が堂々の1位を獲得しました。

なんとなくアラサーに限らず、女子全般の会話にあるような気がしなくもないこのあるある、相づちがこの2種類で成立する会話の内容も気になるところですね。

女性の会話はその本質よりも共感を求められるそうですから、こう言った肯定の言葉が無難であるとお互いに無意識で理解しているのかも知れません

同率1位は「自分たちを『ババア』と自称」!

他に言われるくらいなら自ら名乗ってダメージ軽減を狙った、「自分たちを『ババア』と自称」が同率一位を獲得しました。

自分で若いと思っていて「アラサーじゃん」と言われるとかなりのダメージですが、あらかじめ自称する事によってダメージを最低限にしているようです。

実際のところ女性がより魅力的になるのは「30代から」だと筆者は思っているので、アラサーだからと「ババア」を自ら名乗る必要は無いと思うんですが…。

3位は「翌日話した内容の8割を忘れる」!

特に加齢を感じさせる記憶能力の衰退、「翌日話した内容の8割を忘れる」が3位にランク・インしました。

「記憶能力の衰退が原因」なのか、「記憶する必要も無いほどどうでも良い話」だったのかで大分話は変わりますが、1位の相づちを見る限り後者なんでしょうね。

いかがでしたか?

なぜか5位に「自称『オヤジ』が多い」というのがランク・インしており、女性の男性化が深刻化しているのかも知れません(震え声)。

今回は「ドン引き!?知りたくなかったアラサー女子会あるあるランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位~44位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。

有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)

調査期間:2017年3月1日~2017年3月6日

権利侵害申告はこちら