記事提供:Conobie

1歳10ヶ月の終わり頃から急に不安感が強くなり、ちょっとした事で怖がったり泣いたりするようになった娘。「さすがに変だな…」と検索したところ、“再接近期”という時期があることを知りました!

1歳10ヶ月後半、なんだかいつもと様子がちがう!

他にも、

・虫刺されのあとが怖い。

・スプーンの裏も顔がのびーっとするからダメ。

・今まで平気だった虫も泣いて怖がる。

と、今まで平気だったこと、ちょっとした事ですぐに怖がり泣いてしまいました。

検索してみつけた“再接近期”という存在

不安にかられて検索したところみつけた“再接近期”という存在。

・2歳前後の不安が強くなる時期。

・不安反応、混乱、かんしゃく、わがままが出る。

といった症状が出るそうです。

その際の対処がこちら。

「親は子どもが求めてくる時は優しく励まし、外界の探索へ出る時はなるべく見守ることが大切」

娘が本当に再接近期だったかは分かりませんが、

「こういう時期がある」

「いつか収まるので特別な心配はない」

ということが知れたので、少し安心できました。

また、子どもへの接し方も参考になりました!

乗り越えた先の成長

1歳11ヶ月から2歳0ヶ月のピークを過ぎると、だんだんと極度な怖がりや不安感は減っていきました。

そして2歳3ヶ月になる頃には、あれだけ怖がっていた虫や蛇口ののびーもへっちゃらに!

さらに今まで絶対に泣いていた、おばあちゃんちのお風呂も平気になるというおまけつき。

大騒ぎしていた時期は不安でしたが、たくましくなった姿を見て、急激に成長する時期だったのかな?と思います。

権利侵害申告はこちら