シングルマザーとして仕事と子育てに奮闘するMINMI

日本を代表するレゲエシンガーとして根強い人気を集めるMINMIさん。
過去には、妊娠中の大きなお腹を抱えながらステージに立つなど、そのパワフルなパフォーマンスでも話題を呼びましたよね。

またプライベートでは、昨年離婚を発表した彼女。

9歳と6歳の男の子、そして4歳の女の子という3児を育てるシングルマザーとなり、今まで以上にエネルギッシュにパワーアップした姿が多くの女性ファンから指示を得ていますよね。

3月に次男が卒園するまでは、毎朝ママチャリに次男と長女を乗せて坂道を駆け上がるという、壮絶な送り迎えをしていたのだそうです。

とことん格好よすぎますね!

ガラスに映った自分がボロボロすぎて…

この春、6歳の次男が晴れて小学生となり、生活が少しは落ち着いたかと思いきや…

保護者会や新しいママ友との付き合いに、毎日多忙を極めているという彼女。

そんな生活の中でふと、身なりに全く気を使っていない自分にドキッとしたというエピソードを明かしました。

オシャレが好きじゃないわけじゃない
今はオシャレしてないだけ(>_<)w
そんな言い訳シールあるなら貼っておきたい。
買ったブラウスいつ着るんだ。
お寝坊ママは朝からジャージ。

子供たちを送り出したまんま帰ってお片付け、新しい保護者会、新しい教科書に名前を書き、新しいママ友達、三人のお稽古ごとと、3人のお友達付き合いにピストンの毎日。
子供たちが100人お友達作るならママは300人覚えなきゃっ!。。。って覚えられるかーーーいっ!

4月入って仕事も家事も溜めっぱなし、ふとガラスに映った自分がボロボロ過ぎて死にたい。。。(あくまで悪い言葉の表現ですみせん 死ぬ気は全くありません)

出典 https://www.instagram.com

新しい環境についていくのに必死で、家事も、お洒落もできていない状況をふと思い知り、ショックを受けてしまったというMINMIさん。

仕事をこなしながら、子育てをする毎日が、いかに大変なものであるかが痛いほど伝わってきますよね。さらに、子供の成長に伴って変化する“大変さ”に順応することが容易くないこともよくわかります。

ファンからも共感の声

子育てに奮闘する母親の気持ちをストレートに書き綴ったMINMIさん。
そんな彼女の投稿には、
「めっちゃ共感します‼‼‼こうありたい気持ちと、鏡にうつった自分が真逆すぎて、悔しくて泣けます」
「私の気持ちを代弁してくれた様です」
といった、共感の声が数多く寄せられています。

また、なんとかもがきながらも仕事と育児・家事を両立させているというエピソードには、
「そんな本音もたくさん聞かせてくれるみんちゃんが大好きだー」
「みんちゃんも一緒で嬉しいです」
など、その飾らない姿に好感を持つという声が寄せられています。

子育てはアート!!

また、この投稿の中で…

だって子育てってアートだもん。
かっこつけてられない時だって、かっこいいんだもん

全国のママがんばれっ パパも

出典 https://www.instagram.com

と、アーティストらしい表現を用いて、全国の頑張るパパ&ママにエールを送ったMINMIさん。

上手くいったりいかなかったり、喜怒哀楽があったりと、彼女の言うように子育ては一生かけて作り上げていくアートのようなものなのかもしれませんね。

また、「格好つけてられない時」があるからこそ、人間味のある子育てができるのかもしれません。

彼女の言葉が、全国の頑張るパパ&ママの心に届くといいですね。

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

はむぽよ このユーザーの他の記事を見る

【Spotlight公式プラチナライター】
海外ドラマや海外セレブも大好きです。

得意ジャンル
  • マネー
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら