66歳の誕生日に、色覚異常を補完する特殊なサングラスを家族からプレゼントされたおじいちゃん。家族に促され、サングラスをかけてみると、そこには、これまでに見た事がない…あまりにも美しい世界が広がっていました!

特定の色を識別できない色覚障害の方々の救世主となっているサングラス「EnChroma Cx」。これはアメリカの企業「EnChroma」社が開発したもので、特定波長の光を選択的にカットすることで、色覚障害を持つ人々の色覚を補正するという…画期的なサングラス。

なお、今回紹介する動画は、66年間、色のない世界で暮らしてきたおじいちゃんが、初めて色のある世界を体験するという…涙無くしては観る事の出来ない感動ムービー。是非、ハンカチをご用意してご覧下さい!

「色のない世界」から「色のある世界」へ!

アメリカ、フロリダ州レイクランドに暮らすNoll Staffordさん。彼は生まれた時から、色覚異常(先天色覚異常)を患っており、66年間、色のない世界で暮らしてきました。

そんなNollさんに、色鮮やかな世界を見せてあげようと思い立ったのは、息子の
Carsonさん。早速、父親にEnChromaのサングラスを渡します。

「なんだこれは?」

笑みを浮かべながら、箱を開けるNollさん。

「なんだ、サングラスか!」

控え目のリアクションではありますが、息子からのプレゼントに喜ぶNollさん。そして、おもむろにサングラスをかけるのですが、突如、目に飛び込んできたのは…色鮮やかな世界。Nollさんは驚きと感動で言葉を失うのでした。

サングラスをかけた瞬間、固まるNollさん。

「嘘だろ…」

初めて色彩溢れる世界を体験したNollさん。感動のあまり涙が止まりません。

「なんてこった。世界はこんなにも美しかったのか…」

66年間、一度も見た事がなかった…色のある世界。感動するNollさんの姿に、家族も涙が止まりません。

「なんて美しいんだ!」

では、66年の人生で初めて色鮮やかな世界を目にしたおじいちゃんの…感動のリアクション。そして、EnChromaのサングラスによって、色彩溢れる世界を体験した男性二人の感動ムービー。合わせてご覧下さい!

出典 YouTube

出典 YouTube

出典 YouTube

これは泣ける。

EnChroma社のサングラスによって新しい世界を手に入れたおじいちゃん。この笑顔、これが全てを物語っていますよね。

3万円~4万7千円ほどで販売している…このサングラス。(2017年4月14日時点)なお、メーカーの発表によると約80%の色覚異常に効果が現れるとのことですので、興味を持った方はEnChroma社のホームページ。是非、チェックしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら