「ななな~い、ななな~い」「ありがとう オリゴ糖〜」などゆる〜〜いラップネタで、2008年頃に大ブレイクしたジョイマン。最近では、ピンでの仕事も多く、比較的ゆったりとしたペースで仕事をしているようです。

そのジョイマンの高木さんのツイートが「あるあるだ!」と話題になっています。

5歳の娘さんとの何気ない会話だったのに…

「パパの好きなものは何?」

可愛い娘さんに聞かれた高木さんはこう答えました。

「レバ刺しかなあ」

こんにゃくレバ刺し(1)
by uka0310

そして高木さんも娘さんに聞き返します。

「なっちゃんの好きなものは何?」

その質問への娘さんの答えは、高木さんが予想してなかった答えでした。その答えとは…

「パパ」

こ…これは、ちょっとバツが悪い、というか、いたたまれない!

自分が恥ずかしくなりました。なぜ僕はレバ刺しなどと答えたのか。でも、こんな結末になるとは思わなかったんです。

出典 https://twitter.com

「レバ刺し」と答える前ならば手放しで喜べる答えなのに、自分はなぜに「なっちゃん」と答えてあげなかったのか…。しかし後悔してももう遅い。これには多くの人から「あるある!」と共感の声が。

「うちも娘から「どこの唐揚げが一番すき?」と聞かれ「◯◯屋の唐揚げが」と答えたら「わたしはママの唐揚げ」と模範回答をいただき辱めをうけました」

「私も「ナポリタン!」って答えてしまいました。同じ結末・・・」

「次に聞かれた時に「もちろんなっちゃんだよ!」って言えばオッケーです」

5年後10年後にも同じ答えが返ってくるといいですね!」

愛妻家で子煩悩な高木さん

奥様の妊娠がわかった時には「これから毎日ひとつずつ、嫁のお腹の中にいる子供に胎教の意味も込めてラップをプレゼントしていきます」として「僕と妻と子供の1778の物語」を毎日YouTubeで公開したりと、生まれる前からなっちゃんにメロメロだった高木さん。

出典 YouTube

この日は、妊婦さんの辛い足のむくみを題材にしたラップ。

この「僕と妻と子供の1778の物語」は、再生回数はいまいち伸びなかったものの、奥様が撮影されていたようで、なんともほんわかした空気感がいい感じ。生まれてくるまでの毎日、2人で動画を撮っていたのかと想像すると思わずにっこりしちゃいます。

ちなみに娘さん・なっちゃんの名前は、ジョイマンのネタ「ナナナナ~ナナナナ~」からつけたと2015年5月に放送された関西テレビ「マルコポロリ!」で語っていました。

Twitterの自虐ネタにも注目!

大ブレイク後、TVで見る機会がぐっと減った印象のあるジョイマンですが、Twitterではそんな状況を自虐ネタで盛り上げている様子も味わい深いです。

そして「ジョイマンどこいった」とつぶやく人を見つけて返事をするというルーティンワークも。

高木さんのTwitteで答えて欲しくて、わざと「ジョイマンどこだ?」とつぶやく人もいるとかいないとか。

Twitterで新しい魅力を見せている高木さん。愛妻家・優しきパパといして再ブレイクする日も近いかも!?

こちらの記事もおすすめ!

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら