記事提供:日刊大衆

4月9日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に、アンジャッシュの渡部建(44)が出演。かねてから交際を噂されていたタレントの佐々木希(29)との結婚を発表し、早くも仲の良さを見せる場面があった。

渡部はこれまで、佐々木との交際について何度も番組内でイジられており、いざ発表が行われる直前には雨上がり決死隊の宮迫博之(47)も、「やめて!もうあの遊びができなくなってしまう」と残念そうな表情を見せ、渡部を笑わせていた。

その後、渡部は「私、渡部建は佐々木希さんと結婚いたします!」と宣言し、出演者たちから拍手で祝福されていた。

その後、渡部は共通の友人がいて知り合ったこと、週刊誌で報道される少し前からつきあっていたこと、お互いに「わっくん」「のんちゃん」と呼び合っていることを照れくさそうに明かし、出演者たちを沸かせていた。

そしてスタジオから佐々木に電話をつなぎ、二人が電話越しに共演することになった。

まずフットボールアワーの後藤輝基(42)が渡部のどこが好きか佐々木に聞くと、佐々木は「とにかく優しくて、一緒にいたら穏やかになれるんですよね」とはっきり回答。

また、磯野貴理子(53)から、グルメな渡部にどんな手料理を作っているのか聞かれると、佐々木は「家で作るのはすごくヘルシー系で、ほんと適当なやつしか出してないです」と答え、渡部はすかさず「そんなことないですよ、本当に料理、うまいです」とフォローしていた。

そして藤田ニコル(19)が「どれくらいイチャイチャするんですか?」と聞くと、渡部は「やめてよ、その答えづらい質問」と、困った表情に。

しかし藤田がかまわず「行ってきますのチューとか、おやすみのチューとか、したりする日もあるんですか?」と質問を続けたところ、佐々木は「うん、たまにするね!」と正直に答え、宮迫らも「のんちゃんいいよ!」と拍手喝采。

ところが、これを聞いた渡部は、「けっこう言うな!それ“お答えできません”でいいからね!」と、佐々木にツッコミを入れていた。

「正直に答える佐々木と違って、渡部はずいぶん照れている様子でしたね。タレントと結婚したお笑い芸人は、FUJIWARAの藤本敏史(46)や、品川庄司の庄司智春(41)のように、トークのネタにするパターンが多いんですが、渡部は話したがらないかもしれませんね。とはいえ、本人が嫌でも周囲がイジりまくるんでしょうけど」(お笑いライター)

――なにはともあれ、お幸せに!

権利侵害申告はこちら