記事提供:日刊サイゾー

アルファエージェンシー公式サイトより。

「最近、よく事務所の人が営業に走り回っているのを目にします。昔は黙っていても仕事が入ってきたんでしょうけれど、今は営業しても、なかなかいい役は回ってこないそうですよ。それなのに、本人は仕事よりも麻雀に夢中ですからね」(ドラマプロデューサー)

芸能界屈指の雀士と呼ばれている俳優の萩原聖人。これまでに『芸能界麻雀最強位決定戦「THEわれめDEポン」』(フジテレビ系)で最多優勝に輝くなど、その実力はトッププロもうなるほどだという。

「それだけに、本人は俳優よりも麻雀の仕事ばかりやりたがるそうです。いま、彼のドラマのギャラは1話100万円くらいだと思いますが、1話撮影するのに4~5日拘束されて、事務所分が引かれると、手取りは60~70万円くらいでしょう。麻雀番組だと6時間生放送で、とっぱらいの100万円ですから。彼にとっては、麻雀のほうが割がいいと考えているんでしょう」(テレビ局関係者)

最近でも、佐藤浩市主演の話題作『LEADERS II』(TBS系)やWOWOWのドラマ『連続ドラマW ヒトヤノトゲ~獄の棘~』に出演するなど、精力的に俳優業をこなしているようにも見えるのだが…。

「それも、マネジャーが『麻雀の仕事もありますから!』と言って、機嫌を取っているようです(笑)。ただ、麻雀の番組に出ても優勝できなかったら途端に機嫌が悪くなって、八つ当たりするそうですから、たまったもんじゃないですよ。あまりにもギャンブル臭が強いので、CMのオファーもないですしね。そのせいか、時間があると雀荘に行ってフリーで打っていますし、常に麻雀雑誌を持ち歩いているそうです。最近の口癖は『Abema TVの麻雀番組に早く出たい』ですからね」(芸能事務所関係者)

麻雀がすべて、ということか――。

権利侵害申告はこちら