記事提供:日刊SPA!

今年で開催12回目を迎える『オタク川柳大賞』の大賞受賞作は、

「君の名は」聞いてくれたの ポリスだけ

なのだという。「オタク特有の挙動不審が職質に合いやすい」という悲哀を、たった17文字で、去年大ブレイクした人気アニメ映画名をも取り込みながら表現した傑作である。

が、ワタクシ山田ゴメスも、こと「職質」に関しては、オタクの皆さまに負けず劣らずの猛者だと自負させていただこう。

生涯通算で「職質に合った回数」は、じつに20回以上!「おそらく90%前後の日本人男女が一度も職質されないまま死んでいく」現実から考えるに、尋常ではない(被?)打率なのではなかろうか。

そして!例年に漏れず、2017年3月11日の昼下がり、新宿駅構内を歩いていると…また本年度初の職質を受けた。今日はその模様のリアルを日刊SPA!読者の皆さまにお届けしよう!!

ちょうどアラブの某国から千人単位のVIPが来日するころであった。ゆえに、もしかすると都内では、より“不審者”に対する取り締まりが強化されていたのかもしれない。

その日、僕が着ていたアウターは、ポケットが計24個装着されているのが自慢の、多くの女子から「SATみたい」と評されてきた古着風フライトジャケット。

たしかに「職質してください」と言わんばかりの怪しさ満点なファッションであることは認めるが、ここは日本最大の繁華街・新宿──この程度の怪しさを発散させる人物は山ほどいる…のに、そんな有象無象のなかから、なぜあえてゴメスをピックアップ?

一度、警察関係に詳しい某週刊誌の編集者に「職質に合いやすいタイプ」についてたずねてみたところ、どうやら以下のようなチェックポイントがあるのだそう。

(1)「季節に合わない」「年齢に不相応」「フォーマル系の服なのに靴だけがカジュアル」など、服装のバランスが悪い
(2)リュックを背負っている
(3)顔付きが中東系
(4)オタクっぽい
(5)うつむき加減&猫背で歩いている

なるほど、指摘されてみれば(1)~(3)なんかは“典型的な僕”だったりする。

さらに、声をかけられるのは決まって仕事で大きなトラブルに見舞われたり、パチンコで絶望的な爆負けしてしまったりして、(5)のうつむき加減の猫背で呆然と街を彷徨っているとき、すなわち、自暴自棄になっていて、明らかにマインドが「失踪」だとか「コンビニ強盗」だとか、警察のごやっかいになる方向へと近寄っているときなので、“する側”の直感もあながち外れてはいないわけだ。

とは言え、この日の僕は仕事で大きなトラブルを抱えていたわけでもなく、パチンコで爆負けしたわけでもなく、夜のホームパーティに向けての食材を伊勢丹に買いに行く途中…むしろマインドはウキウキ気味であったにもかかわらず──こういうケースは「職質マスター」で馴らす僕としても、けっこう珍しい。

声をかけてきたのは身長190cm近くはあろう、坊主頭&プロレスラー張りにガッチリした体型で、グレーのジャンパーを羽織り、カーキ色のチノパンツをはいた、年の頃は40代くらいのおじさんだった。マスクを着用していて眼光はやたら鋭い。

一瞬、目が合ってしまい、あまりにおっかなかったので、踵を返して早歩きした。すると「ちょっと待ってくださ~い」と、呼び止められる。思わず駆け足で逃げる僕…の前にガッと立ちはだかり警察手帳を差し出される。

そのとき胸によぎったのは「ああ、よかった…警察のヒトで」という安堵感だ。

結局、バッグの中身から財布、さらには24個あるポケットひとつ一つを徹底的にまさぐられ、20分近くの“無駄な時間”を費やしてしまったわけだが、「はい。大丈夫です。お忙しいところすみませんでした~」とお別れする間際、念のため“素朴な疑問”を投げかけてみた。

「なんで、僕だったんですか?」

回答はこうだった。

「だって、アンタ逃げちゃうから」

普通逃げるだろ!2メートル弱ある坊主頭でマスクの男にメンチ切られたら。

過去には、キャップとスニーカーにダボダボのジーンズを腰履きでキメた、いかにもチャラいB-BOY風のアンちゃんに警察手帳を突きつけられたこともあった。

仕事上、極力警官っぽく見えないよう凝った変装をするのはかまわない。が、人の怪しさは棚に上げといて、自身の怪しさに対し無頓着すぎるのもどうなのよ…と、僕は一言だけ忠告したい。

【山田ゴメス】

1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。

日刊SPA!ではブログ「50にして未だ不惑に到らず!」(PC版)も配信中。著書『クレヨンしんちゃん たのしいお仕事図鑑』(双葉社)

日刊SPA!のおすすめ記事】

権利侵害申告はこちら