記事提供:サイゾーウーマン

中野瑠美さん

覚せい剤の使用や密売などで逮捕起訴され、通算12年を塀の中で過ごした後、その経験を基にさまざまな活動を続ける中野瑠美さんが、女子刑務所の実態を語る「知られざる女子刑務所ライフ」シリーズ。

■女性刑務官は離職率が高い

前回、ムショのお医者さんが足りてないというお話をちらっと書きましたが、ムショで足りないのはお医者さんだけではありません。刑務官も足りないんですね。バッチリ足りてる(ちゅうか多すぎる)のは収容者さんだけです。笑いごとじゃありませんけど(笑)。

特に、女性刑務官は採用から3年未満で4割が辞めてしまい、実に男性刑務官の3倍近い離職率だそうです。一方で女性の受刑者は増加気味で、そのほとんどが覚せい剤事犯。って私もでしたが。

この不況で、公務員なんてめっちゃ安定してるのに、すごい辞めっぷりですよね。私やったら絶対に辞めへんなぁ。もし私が刑務官なら、ひたすら働きますよ。いやホンマに。

「つかんだら離すな、退職金!」とか言いながら、気合入れて仕事ビシビシしてるでしょうね。

■懲役の方が刑務官に向いてる?

刑務官だけでなく、警察官も裁判官も同じだと思いますが、学校を出てすぐに現場に出たって、アカンでしょう。特に警察官なんか、こないだまで学生だった人がソッコーで拳銃を持てるんですよ。「勘違いすんなや」って言うほうがムリですよね。

若い刑務官を見ては、就任前にもっともっといろんなこと体験して痛い目にあって、自分の心を鍛えな、この仕事では生きていかれへんなぁって感じてました。優越感とか制服とか、少しの正義感だけで刑務官を目指すなら、成り立てへん仕事やと思います。

せやから、今から刑務官を目指してる人は、ホームレスの炊き出しとか「濃いめ」のボランティアでもやって、心を鍛えたほうがいいですよ。まあそれでもキビしい世界でしょうね。

でも、まずは、どの受刑者も罪名を取ったら「普通の血の通った人間」というのはわかってほしいですね。1人の人間として扱えるようなら、きっと刑務官て仕事に誇りを持てると思います。

「1人の人間なんて、アホ言うな。犯罪者なんか、まともに扱えるかいな」と思う方はまずムリですよ。

偉そう言うてごめんなさい。犯罪は多くしてきたんですけど、その分たくさんの「先生」(受刑者は刑務官をこう呼びます)を見てきているからこその感想なので、お許しください。

刑務官のお仕事は、むしろ懲役経験者の方が向いてると思いますね。懲役(受刑者)の手の内もわかってますしね。

私らみたいな痛い目にあってきた海千山千の人間には、こんな安定した公務員さんにはお国様がならしてくれへんのですけど、大学出たばかりのお嬢さんにはやっぱり難しいですよ。

もちろん刑務官といってもいろんな方がいて、いい方もいらっしゃいました。私も服役中に心から惚れて、「この先生のためならがんばろう」って思った刑務官もいてはりましたし。どの業界も、結局は「人格」ですよね。人情味のある方が一番です。

'刑務官が辞める理由も「いじめ」'

話が横にそれちゃいましたので、戻しますね。

報道だと、刑務官が早く辞める理由は「産休や育休が取りにくい」とか、「受刑者への対応の難しさ」となってますが、違います。そういうのもないとは言わないけど、辞める一番の理由は、刑務官同士のいじめだと思います。だって、すごかったですもん。

刑務官の中に「派閥」があって、ボス的な存在が何人かいて、それぞれの派閥に分かれています。それだけならまだしも、それぞれの派閥に可愛がられている懲役たちがいるんです。

これは、すべて「女性」の話です。念のため。オンナの園で起こっていることなんです。ちなみに女性の刑務所には男性刑務官も少しはいて、所長は男性のケースも多いです。そして、男性の刑務所に女性はいないです。

いろんな意味で危険すぎますからね。

そして、懲役の私たちも立場上、どこかの派閥に属さないとあかん雰囲気なんですね。かわいがってくれる先生の派閥に入るんです。つまり刑務官同士の勢力争いが受刑者のプレッシャーになっていました。

刑務官は24時間体制ですから、自分の「敵対派閥」の刑務官が当直の日は特にタイヘンでした。誰かと目を合っただけで「今、合図したやろ?」とか、どうでもいいことでチェックされるんです。

確実に先生が間違っていても「先生、それちゃいますやん?」なんて、口答えしようものなら大騒ぎです。「担当抗弁!」(刑務官にタテついたということです)とか叫ばれて、ほかの刑務官も走ってきます。

こんなふうに、ちょっとしたことで「注意処分」を受けてしまったりしました。

注意処分を受けると、翌朝の業務の引継ぎの時に自分を可愛がってくれている刑務官がハンメ(反目)の刑務官に叱られてしまうんです。

なので、かなりピリピリしていました。それに、この注意処分を受けてしまうと、「進級」にかなり響きます。

実は懲役にもランクがあるんです。マジメにやっていると、手紙や面会の回数、仮釈放の時期などで優遇してもらえるんですよ。さらには、慰問や記念日の集会で配られるお菓子にも影響します。

注意処分を受けてしまうと、このお菓子をもらえなくなってしまうんです。

私も半年間もらえなかったことがあります。こんなバカバカしい派閥争いのおかげで、何度お菓子を食べ損ねたことか…。数えるとキリがないです。今思い出してもガックリきます。

懲役の楽しみなんて、お菓子くらいしかありませんから。いずれにしろかなり低レベルな話で、ホンマいい迷惑でしたが、こういうのになじめない新人の刑務官は、よくいじめられていました。

「先生はこの仕事、向いてないんちゃう?」と何度か話したこともあります。腹を割ってくれる先生はトコトン話してくれるので、自分も情が移ってしまって、本気で(鉄格子挟んでになりますが)たくさん話してきました。

「保母さんとかのが向いてるわ。先生は性格がよすぎるから、早く結婚して、こんなとこ辞めてまい」って言ってあげたくなる刑務官も多かったですよ。

'浴室で全裸バトル!シャワーの取り合いは「仁義なき戦い」'

もちろん懲役同士のいじめもありました。特に新入りは「ドベ」と呼ばれて、何かにつけて意地悪をされます。さすがに蹴ったり殴ったりはありませんが、「ヨゴレ」とか「コ○キ」とか言葉の暴力はすごかったです。

トイレ掃除はドベの仕事なんですが、「便器に手を突っ込んで洗え」と言われた時はびっくりしましたね。でも、そのほうがきれいになるんで、私もドベにはそう言ってました。これは、いじめと違います(笑)。誰もが通る道なんです。

もう一つ、これもいじめじゃないけど、すごかったのは入浴です。あれはまさに「仁義なき戦い」でした。

工場の班ごとに90人くらいでいっぺんに入るのですが、15分ですべて済ませなくてはならないので、シャワーの取り合いになります。勝負に負けてシャワーを取られへんかった人は「湯船のお湯」で洗髪です。

いろんな人の垢とかがたくさん浮いてる湯船のお湯ですよ。ホンマに今考えたら、いじめというか差別でしかないですよね。感染症とかも心配やないですか。

今はあちこちの施設で改築が進んでいて、シャワーの数も増えたようですが、私がいた頃は多くはなかったのです。100人近い全裸の女たちの戦いは、修羅場以外の何物でもありませんでしたね。

血圧が高い人とかがこの戦場にいてたら、いつか倒れて亡くなる人も出てくると思うので、今後のさらなる改善を望みます。しかし、あれはすごい光景でした。

やっぱり、刑務所はなるべくなら(笑)、行くところではありません。

中野瑠美(なかの・るみ)

1972年大阪・堺市生まれ。特技は料理。趣味はジェットスキーとゴルフ。『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)や『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)などへの出演でも注目を集める。経営するラウンジ「祭(まつり)

権利侵害申告はこちら