スズメ目ツグミ科に分類される鳥類の一種「トラツグミ」は、日本では留鳥または漂鳥として周年生息する体長が30cmほどの小さい鳥で、雑木林などに積もった落ち葉などをかき分けながら歩くのが特徴です。

そんなトラツグミが歩く姿を、埼玉県を中心に野鳥撮影をされているTwitterユーザーの「kai」さん(@gtr_kai)が動画に収められました。

線香花火の玉みたいに揺れてるな…

腰をブンブン振りながらドンドン近付いてくるトラツグミの姿は、「kai」さんもその動画を投稿されたツイートで思わず線香花火の玉みたいに揺れてるな(笑)」とコメントしてしまう程だったのですが…

出典 https://twitter.com

カメラの方に徐々に近づいてくるトラツグミ。

出典 https://twitter.com

静止画では分かりにくいと思うので…

是非動画でご覧ください!

(※権利者の許可を得て掲載しています)

これは…(笑)

たしかに線香花火の玉みたいに揺れていますね(笑)

こちらの可愛い動画は、4万近いRT(リツイート)や58,000を超えるいいねがされるほど話題となり、見た人たちからは…

・ヤバいwツボるww
・なにこれ、めっちゃかわい!
・すごい腰つきww
・何とも言えないモーション
・なかなか良いサスペンションw
何が凄いって、頭が全然ブレない
・不思議…
・この動きいったいなんなんだ

などの声がたくさん寄せられています。

こんなに可愛い姿を見たら、実物を見てみたくなる人も続出するのではないでしょうか。

主に丘陵地や低山の広葉樹林に好んで生息するトラツグミですが、林の多い公園などでも観察されることがあるようなので、もし見かけた方は是非その歩き方に注目してみてくださいね。

野鳥の素敵な写真がいっぱい!

「kai」さんのTwitterアカウントでは、その他にも野鳥を捉えた素敵な写真がたくさん投稿されているので、その中の一部をご紹介しますね。

こちらもトラツグミ!

雪桜とスズメなんて、素敵なコラボですね!

胸の色が綺麗です。

梅と鳥って合いますよね。

これも綺麗!

どれも素敵ですね!

興味のある方は是非「kai」さんのTwitterアカウントをチェックしてみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら