記事提供:サイゾーウーマン

「東京ろう映画祭」ディレクター諸星春那さん。

4月7日から9日まで東京・渋谷ユーロライブで開催される、第一回「東京ろう映画祭」。

ろう者のスタッフが厳選した、ろう者出演のドキュメンタリー映画や監督作の上映、今まで日本語字幕がなかった邦画の字幕付き上映ほか、さまざまな企画も予定されている、ろう者のカルチャーを紹介する映画祭だ。

今年初の開催ということで、同映画祭のディレクターでアーティストでもある諸星春那さんに、映画祭誕生の経緯やどのような意図があるのかなど、お話を伺った。

■日本映画は字幕がないから、ろう者は見られない

――2017年に初めて開催される「東京ろう映画祭」。映画祭開催のきっかけは、どのようなことだったのでしょうか?

諸星春那さん(以下、諸星) 一緒にディレクションを担当した牧原依里と3~4年前に知り合ったのですが、2人ともろう者で、彼女は実写映画を撮っていて、私はコマ撮りのアニメ作品を作っていました。

私はフランスに関心があって、ヨーロッパ最大のろう芸術祭があると聞いて見に行ったのですが、牧原はイタリアのローマで開催された、ろう国際映画祭へ行っており「日本でもあんなふうに、ろう映画祭ができればいいね」と話していました。

最初はお茶を飲みながら、軽い気持ちで話していたんですよ。「日本映画は字幕がないから、ろう者は見られない。日本でろう映画祭やるときは、字幕を付けよう」なんて、2人で構想を練っていました。

当時、牧原は自分の監督作品『LISTENリッスン』に取り組んでおり、私もその仕事のお手伝いをしていました。映画が公開されて一息ついたとき、「東京ろう映画祭」をやるなら今かな、という気持ちに傾いていました。

――諸星さんも牧原さんも、映画祭を主催するのは初めてですよね。どうやって進めていかれたんですか?

諸星 牧原が映画『音のない世界で』の配給に関係していて、映画業界のことがある程度わかっていたこと、私はブリジット・ルメーヌ監督の作品が気になっていて、どうしても見たい、映画祭で上映したい作品があったこと、もちろん牧原にも上映したい作品がたくさんありました。

そういう思いが一致して、「映画祭、やろう」ということになったんです。本格的に始動したのは『LISTENリッスン』の上映が落ち着いてから。

最初は2人から始まり、同作に関わった広報担当者さんたちもチームに入ってくださって、計4人で映画祭の準備を進めていったのです。

海外の映画を上映することについては、それぞれが公式サイトの問い合わせ先や作品のフェイスブック、メールを通して連絡を取り合い、作品上映の許可などを進めていきました。

■“お涙頂戴系”の映画ではなく、テーマ「視覚の知性」に合った作品を選定

――作品の選定は、どのようにされたのでしょう?

諸星 牧原と私が見たい作品を選んでいきました。ひとつだけ言えるのは、“お涙頂戴系”の映画はあまり好きではないんです。

ろう者の映画にはそういった作品もあるのですが、私たちは涙の感動作ではなく、自分たちが見たい映画というところにポイントを置きました。また今回は「視覚の知性」がテーマなので、そのテーマに合った作品ですね。

だからろう者が出演していたり、監督していたりしても、今回は選ばれない作品も出てきました。

――園子温監督の『愛のむきだし』が特別上映企画に入っていますね。これは4時間弱の長尺の作品で、園監督のアフタートークも予定されています。この映画を特別上映に選んだ理由は?

諸星 牧原が園監督の映画が好きで、『愛のむきだし』が見たいのに、字幕版がなくて見られなかったんですよ。『ヒミズ』には字幕があったので、2人とも見られたんですけど。ろう者にとって、日本映画は字幕がなくて見られない作品が多いんです。

インディーズ映画は特にそうですが…。だから今回、まずは園監督のこの映画に字幕を付けて、ろう者の皆さんにも見ていただきたいと思って企画しました。園監督のアフタートークもあるので、牧原は緊張でドキドキしていると思います(笑)。

――初めての映画祭を開催するにあたって、いちばん大変だったことは何でしょう?

諸星 今もまだ大変なんですけど(苦笑)。私も牧原も、これまでの映画祭のスタッフとしてしっかり関わった経験がなく、ボランティアで少し手伝ったことがある程度なのです。

2人でできる範囲で、さまざまな方にあらゆる交渉をして、字幕制作、協賛、宣伝、チケットはどうするのかなどを話し合い、仕事を分担して進めてきました。ひとつ終わると「じゃあ、次はアレどうする?」という感じで、片づけていく感じです。

うまく段取りしながら、手探りでここまで来ました。

私は主に関連企画を手掛けています。

この映画祭関連のアートの企画で、ろうの美術作家・神津裕幸の個展をArt Lab AKIBAで開催したり(3月で終了)、映画『新・音のない世界で』の日本初上映を記念して、俳優レベント・ベシュカルデシュの手話と身体のワークショップを企画しました。

そして、写真家の井上孝治さん(故人)のドキュメンタリー映画『井上孝治、表象を越えた写真家』(ブリジット・ルメーヌ監督)を4月7日と8日に上映するにあたり、本映画祭の関連企画として、アメリカ橋ギャラリーで井上孝治写真展を4月5日から開催しますので、よろしくお願いいたします。

■ろう者と聴者の芸術の違いは、世の中の視線

――今回の映画祭で、さまざまなろう者の映画作品などが見られますが、聴者の作りだす世界との違いはあるのでしょうか?

諸星 捉え方によりますが、違いはあると思います。アーティストは作りたいものを作るので、そういう意味では映画も制作物も、どれも一緒です。ただ、ろう者が出ている映画は、社会的な弱者の作品として取り上げられやすいとは思います。

でもそれは世の中の方たちの捉え方の違いというだけで、内容とは別ですね。

――どういう人に、この映画祭へ来てほしいですか?

諸星 たぶん牧原と私は違うかもしれませんが、私は、もちろん、ろう者の方にも見てほしいけれど、ぜひ聞こえる方にこの映画祭に来てほしいです。ろう者の映画監督や役者やアーティストたちの世界をできるだけ多くの方に知ってほしいです。

――ろう者の作品のイメージでは、かなり前になりますが、ドラマ『愛していると言ってくれ』(TBS系)がありました。

常盤貴子さんと豊川悦司さんのラブストーリーです。一般の人はあのようなイメージを抱いていると思いますが、ろう者の方から見ると、ああいったドラマはどんなふうに見えるのでしょうか?

諸星 知っています。学生のときに見ました。ろう学校の先生からも「どう思う?」と聞かれました。昔なのでうろ覚えなのですが、たぶん耳が聞こえる人と聞こえない人とでは、感想が違うだろうなと思いました。

豊川悦司さんがろう者の役で、手話で会話されていましたよね。とても自然だったので、私は「誰が手話指導されたのだろう?」と思いました。

ろう者が出てくるドラマで手話を見ると、ときどき引っかかることがあります。不自然だったり、硬いと思ったり。できれば、ろう者の俳優さんが出演できればいいのにと思います。

ろう者はマイノリティで、その中でも役者さんは数少ないのですが、もっと活躍の場が広がればいいなと。

ただコミュニケーションに壁があり、手話通訳さんをつける問題もありますから、普通の役者さんよりも、もっと頑張らないといけないことが多く、大変なのかなと想像します。

――なるほど、ろう者の方にとっては、厳しい世界なのですね。でもだからこそ、この映画祭を成功させて、役者さんの表現力も含めて、ろう者の映画やアートをもっと見て知ってほしいですね。この映画祭は、毎年開催する予定ですか?

諸星 2年に一度できたらと考えています。初年度の今回どうなるか、たくさんお客さんに来ていただいて盛り上がれば2年後の可能性も、もっと高まると思います。

「東京ろう映画祭」(TOKYO DEAF FESTIVAL 2017)

日程:2017年4月7日(金)~9日(日)
会場:ユーロライブ(渋谷)

権利侵害申告はこちら