「生活で使える裏技」や「ライフハック」を中心に紹介している日本発のYouTubeチャンネル「便利ライフハック (JapaneseLifehacker)」が公開した

ペットボトルで透明のギフトボックスを作る方法

これが、数あるペットボトル系ライフハックの中でも、群を抜いて秀逸!非常に使える裏技だったので紹介したいと思います。

ちょっとしたプレゼントを贈る際、わざわざギフトボックスを購入するのは勿体ないような気がしますが、気の利いたラッピングがされているとされていないとでは、受け取った
側の印象は雲泥の差!

そんな時に役立つのが、今回紹介する“ペットボトルで作るギフトボックス”。材料費はほぼゼロなのにも関わらず、オシャレ感が半端ない「ペットボトルギフトボックス」は、使い勝手抜群で大活躍必至です。

これは絶対に覚えておいて損はありません!

プレゼントが数倍立派に見えるギフトボックスの作り方

用意するのは

■ペットボトル ×2
■カッター
■ハサミ
■アイロン
■定規
■油性マジック

コチラの6点。では、早速「便利ライフハック」で公開された「ペットボトルで透明のギフトボックスを作る方法」を説明していきます。

まず、ペットボトルの下部分を、カッター、及びハサミを使ってカットしていきます。

断面がギザギザでも大丈夫!

後で補修する事が出来ますので、なるべくまっすぐになるようにカットして下さいね。

ペットボトルの上部分も同じようにカット!

↑このようなカタチになればOKです。

※切断面は非常に鋭利となっています。お子さんと一緒に作る場合は、誤って手を切ってしまわないよう、十分に注意して下さいね。

次に、筒状になったペットボトルを“手の平”や“指先”を使って圧し潰します。

ある程度、折りグセがついたら…

ハサミの持ち手等を使い、再度しっかりと折りグセをつけて下さい。

※この折りグセが甘いと、綺麗に仕上がりません。なお、この工程が最も重要なポイントとなっていますので、綺麗な折りグセがつくよう、しっかりと力を入れて下さいね。

折りグセが付いたのを確認したら、今度は、つけた折りグセをくっつけるようにして、もう二ヶ所、折りグセを作っていきます。(箱状になるように)

最初は時間がかかるかもしれませんが、慣れてくると簡単ですよ!

4ヵ所、折りグセが付いたペットボトル。

これを正方形の箱型にする為、定規を使って線を描き、カットしていきます。

※ペットボトルによって線の長さは変わります。折りグセと折りグセの幅が5cmなら縦に5cm、幅が8cmなら縦に8cm、間を開け、平行になるように線を描いて下さい。

線を描いたら、ハサミを使って綺麗にカット!

アイロンを使って断面を

綺麗に整え

※アイロンに当てすぎると、ペットボトルはすぐに溶けてしまいます。低温でゆっくりと数回、表面を整えるような感じで行って下さい。ヤケドにも注意!

2個作った箱状のペットボトルを

組み合わせれば…

まるでお店で購入したかのような、オシャレなギフトボックスの完成です!

では、制作工程を動画にてご覧下さい!

出典 YouTube

ちょっとしたプレゼントが華やかに!

■可愛いっ♡おしゃれ~
■こういう裏技を待っていた!
■ペンとかでもデコレーションできるし、とってもかわいい!やってみたい( ¨̮ )
■ペットボトルからそんな四角い、、、あれっ!?凄すぎる!
■これは貰う側も、まさか廃材を利用したモノだとは思わないでしょうね。素晴らしい。

コメント欄に寄せられていた称賛の声。なお、1.5Lのペットボトルを使えば、大きなギフトボックスを作る事も可能!これは覚えておいて損はありませんね。

数あるペットボトル系ライフハックの中でも、群を抜いて秀逸なこのライフハック。是非、生活にお役立て下さい。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら