沖縄出身タレントの山田親太朗さん

タレントや俳優として活躍する山田親太朗さん。

独特の訛りからも分かるように、沖縄県出身の彼。
大人気モデルの山田優さんの弟としても有名ですよね。

ムズすぎ!沖縄の○○を紹介

そんな山田さんが、自身のインスタに沖縄県のハンコ売り場を写した1枚の写真を投稿。しかし、そこに写る名字の数々が、沖縄っぽさ全開で全く読めない!!と話題を呼んでいます。

その写真というのが…

こちら!
全国的にもポピュラーな「田代」や「富川」といった名字もありますが、やはり「照喜納」「手登根」「渡嘉敷」といった、珍しい名字が目に付きますよね。

ファンからも
「見たことない名字ばかりやな!」
「読み方わからん‼」
なんて読むか分からない名字ばっかりですね( °Д°)」
など、その難しさにお手上げ!と言ったコメントが寄せられたほか、
「逆に普通のを見つけるのが難しそーw」
「ある意味沖縄の山田って面白い」

など、“沖縄っぽくない名字”である山田さんに改めて驚いたという声も多く寄せられていました。

あなたはいくつ読めた?

山田さんが紹介した沖縄県の珍しい名字の数々。あなたは一体いくつ読めましたか?
ここで特に難読っぽい名字「照喜納」「手登根」「渡久地」「渡嘉敷」「渡具知」の答え合わせをしたいと思います。

正解は…!?

「照喜納」……てるきな
「手登根」……てどこん
「渡久地」……とくち(とぐち、とくじ と読むケースも
「渡嘉敷」……とかしき
「渡具知」……とぐち

沖縄県出身者や、知り合いに沖縄県民がいるという人以外には超激ムズですよね。

これはもしや、挑戦状!?

きっと、沖縄県民である山田さんにとっては慣れ親しんでいるであろう、これらの名字の数々。

もしかしたら、“おバカタレント”の汚名返上のために彼から我々に突きつけられた挑戦状だったのかもしれませんね。

これからも、おもしろいウチナーンチュ(沖縄県民)ネタを楽しみにしたいですね。

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

はむぽよ このユーザーの他の記事を見る

【Spotlight公式プラチナライター】
海外ドラマや海外セレブも大好きです。

得意ジャンル
  • マネー
  • 暮らし
  • 恋愛
  • エンタメ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら