記事提供:日刊SPA!

ミスマガジン2004、SKE48/SDN48の元メンバーという経歴を持ち、今は現役グラビアアイドルとして活動しながら、グラドルたちが働くカフェの経営者でもある手束真知子。

そんな“二足のわらじ”をはく彼女だから語れる「フリーランスアイドル論」とは…?

◆さりげなく近づくAV出演の勧誘

アイドルやグラドルからセクシー女優に転向するのは珍しくない話ですよね。売れなかったアイドルが転向後にブレイクするパターンもありますし、やりたかった仕事を楽しく幸せに出来ていれば素敵なことだと思うのです。

しかしそれがやりたくないことで「強要された」となると話は変わってきますよね。

夢を目指して頑張っているアイドルが狙われていい話を持ち掛けられ、あれよあれよと言いくるめられて洗脳されて気付くと撮影当日。断ろうとするとこれまで優しかった人がいきなり怖い人になって多額の慰謝料を請求してきて有無を言えない状況に…。

いまさら言うまでもなく、このような女性への「AV出演強要被害」が今、問題視されています。

そして実は、私にもAV勧誘の魔の手が忍び寄って来たのです。

私はヌードグラビアを出しているので「セクシー女優に転向してもおかしくないだろう」と思われがちですが、やりたい仕事ではないのでもちろんお断りします。

自分の中でヌードグラビアはAV勧誘も覚悟の上だったのですが…実際のそれはもう本当に一瞬の出来事で「勧誘」を越した「洗脳」であり「罠」でした。

【写真】はコチラ

◆実録!スカウトの達人の口説き術

ある日、私のプライベート用携帯に知らない番号から電話がかかってきたんです。出ると女性の方でした。

「もしもし」

「はじめまして私○○さんから紹介されました●●です」

…もちろん○○さんは知らない名前でした。○○さんという方は知らないのですが、と伝えるととぼけたような反応を見せて話を続けました。

「あなたの写真集やDVDを発売したいんです。同時に雑誌社やテレビ局にも売り込んで全面的にバックアップさせてほしいんです。興味ありませんか?ギャランティもたくさん出します」

芸能界に憧れる女の子だったら喉から手が出そうな依頼!私も写真集出したいし売り込んでほしい!

でもそんな美味しい依頼は私に来るわけがないよな…と疑いの心を持ちつつも直接会って話を聞いてみることにしたんです。

打ち合わせ当日、40代の女性がマカロンを持って登場しました。見た目は少し暗いけど普通の女性。話をしていると業界人ではなく他の仕事もしているとのこと。

「何をやっているかわからないのがさらに怪しいなぁ」と思いながらも仕事の話はほとんど出てこなくて、たわいもない話をして(話もそんな盛り上がらず)打ち合わせは終了。

次の日、女性は50代の男性を連れて私のお店にやって来ました。

お店でもやはり仕事の話は出てこなくて、ただただ男性が気前よくお金を使うだけ…。「おかしいな」と思いつつも私としては好都合だったので、そのまま過ごすことにしたんです。

次の日からはその男性だけがお店に来るようになり、その次の日また次の日と毎日会いに来てくれて、気づけばその男性に違和感を抱くことはなくむしろ好印象になっていました。

そして半月ほど経ったある日。

「売り込みの話、覚えている?あれ本当にやってみない?まずは打ち合わせ組むから」

男性は優しく自然な口調でした。私はここまで打ち解けたんだからもう安全だろうと思い、話を進めることに決めたのです。

打ち合わせが明日に迫った日、ファンの方からこんな発言が。

「あの男性、どこかで見たことあると思ったんだけどAV男優だったよ、個室に連れて行ってカメラを回しながら口説くのが手口だから気をつけたほうがいいよ!」

私はまさかと思いつつも電話で問い合わせると、もう打ち合わせを組んでいて、たくさんの大人がこのプロジェクトに関わっているからなくすことはできない。ちなみに打ち合わせはカメラテストもあるから。との返事が。

私は一瞬にして背筋が凍りました。夢を応援してくれていた人が私を騙そうとしていたなんて…。すぐさまその電話で断りを入れました。

「これってAVですよね?私、あの男性がカメラを回しながら口説くAV男優さんという事を知っているんですよ。打ち合わせで個室でカメラテストがあるって、モロそれですよね。私はやらないのでお断りします。もう一切来ないでください!」

平然を装っていましたが内心心臓が飛び出しそうになっていました。電話を切ると足が震えて立っていられなかったのを今でも鮮明に覚えています。

あと1日遅かったらカメラのある打ち合わせ現場に行っていたと思うと本当に恐ろしい…。間一髪!洗脳されて罠にハマっていました。AV勧誘は本当にさりげなく、気付くとすぐそばにいました。

◆甘い話に気を付けて!騙されないためには

私のようなフリーランスアイドルが増えている時代、「大きな仕事」や「事務所への所属話」を持ち掛けて夢を目指す女の子を利用しようとするトラブルが増えています。

そうならないためにはまず、甘い話にすぐに乗らないこと。大きな話には目が眩む気持ちもわかるけど…今売れていないアイドルがすぐに売れる話なんてものはないのですよ。

そして回りの家族や友達、仕事関係の知り合いなどにもたくさん相談したほうがいいですね。「周りに言うな!」という仕事は怪しいに決まっているので、洗脳される前に本当の味方に話を聞いてもらってほしいです。

そうすることによって出演強要やトラブルに巻き込まれない環境を自分で作っていかないといけない。自分の身は自分で守っていきたいですね。

【手束真知子(てづか・まちこ)】

ミスマガジン2004(原田桜怜名義)、SKE48/SDN48の元メンバー。現在はフリーランスで活動し、秋葉原でお店「発掘!グラドル文化祭」をオープン。

店内では水着のグラビアアイドルが♡むぎゅむぎゅ♡してくれるむぎゅパンケーキが新名物として発売中。Twitterアカウント「@machi_pie」ブログ「手束真知子のウマくいく法則」。お店発のユニットのデビューCD「全力!フリーガール」も発売中!

日刊SPA!のおすすめ記事】

権利侵害申告はこちら