記事提供:日刊大衆

3月28日放送の『アレがあるから今がある!~成功のきっかけ大追跡~』(フジテレビ系)に、フリーの加藤綾子アナウンサー(31)が出演。

アナウンサーになったきっかけを明かし、バナナマンの設楽統(43)、日村勇紀(44)らを驚かせる場面が見られた。

番組の終盤、加藤アナが就職活動の際に、エントリーシートに使った写真を紹介。

当時22歳の加藤アナを日村は「かわいいね~。美人すぎる」と絶賛し、続けて「音楽教師にね、なろうとしていたと。それを決めていたカトパンはですね、冷やかし程度でですね、“女子アナちょっと受験してみようかな”なんつって」と、加藤アナがテレビ局の入社試験を受けた理由を紹介し、結果的に受かったので後に引けなくなって女子アナになったと話した。

しかしこれを聞いた加藤アナは「全然違いますよ!」と否定。

日村に本当のきっかけを話すように促されると、「きっかけは、当時おつきあいしていた人に、(音楽の)先生になろうかなって話をしてたら、“アナウンサーとか、かっこいいじゃん”って(言われて)、受けてみた」と明かし、当時の恋人が発した軽い言葉がきっかけで、入社試験を受けたのだと説明した。

この説明を聞いた設楽は「冷やかしより、そんなに違わないよね。ひどいよね」と非難し、日村も「こっち(事実)のほうがひでえじゃねえか」と憤慨。

さらに設楽は、加藤アナの最初の仕事がバナナマンと一緒だったと話し、「ほんとフレッシュで、あんな子が彼のために(フジテレビに)入ったって聞いたら、俺、気がおかしくなるわ」と、がっかりした表情を見せていた。

「確かに釈然としない理由ですが、それでもNHKこそだめだったものの、日本テレビ、TBS、フジテレビの3社から内定をもらったのですから、たいしたものですよ。それにしても気になるのが、なぜ今その話をするか、ですね。加藤アナはこれまで恋人に関してほとんどコメントしていなかったんですが、学生時代の話とはいえ、今回は明言しました。フリーになってもう1年。身辺も落ち着いてきているでしょうし、そろそろ熱愛の噂が聞こえてくるかもしれませんね」(女子アナウォッチャー)

――今後に注目!

権利侵害申告はこちら