記事提供:サイゾーウーマン

(C)倉田真由美

3月末の修了式をもって、娘ココにとって初めてづくしだった小学1年も終わりです。

振り返ってみての最大の反省点は、毎日の学校の準備を全部オレがやっていたので、ココも妻くらたまもなにが必要なのかがまるでわかってないこと。

特にココは2年生になったら自分で準備できるようにならないとまずい!甘やかしすぎたってことかな…。春休み中に教えますよ、マジで。いつまでもオレがやるわけにはいかないからね。

以前にも書きましたが、自宅から学校まで子どもの足で15分はかかる上、同じ方向のお友だちがいないので、1年間毎朝オレが学校まで送り届けていました。

まだ1人で行かせるのは心配ですが、新1年生になる近所の女の子がいるので、春からはこの子と一緒に登校することに。この子とは幼稚園も同じでココも仲が良かったしね。

あと、ココの成長を実感したことといえば、先日遊園地に行った際、身長を測ったら120cmにようやく届いたこと!遊園地は120cmを目安に、乗れるアトラクションが増えます。ま、その分、料金が上がったけど。

そして一輪車に乗れるようになったこと。ちなみに通っている小学校の1年生で、一輪車に乗れるのは今のところココだけ!運動能力はそこそこいいのかも。

その反動か、家では本もマンガも読まないし、興味がないみたい。文章を読んで答える国語のテストでは、読解力がゼロなので、50点だったし。

オレは勉強はまったくできなかったが、幼稚園児のころからマンガや本は大好きで、卒園してからも『はだしのゲン』読みたさに幼稚園に通ってましたからね。

自宅にはオレと妻が買った本やマンガが数千冊はあるんだから、せめて『ドラえもん』くらいは読んでほしい!寝る前にいつもスマホでYouTubeを見せているんですが、これをやめて本の読み聞かせにしようかな。

ココの成長についてはこんな感じで、幼稚園時代と比べても劇的な変化ってまだない!

“小学生の保護者”としての初年度は…

オレはというと、小学校や学童保育クラブの保護者会など、保護者が参加する行事には全部出席しました。運動会、学芸会は幼稚園と同じですが、授業参観が年に3回。

ママたちとは顔見知りになって、会えばあいさつや立ち話はするものの、学校以外で子どもたちを一緒に遊ばせることはまだないです。そしてクラスのママたちにはいまだにオレも妻もどんな仕事をしてるのか、知られてない。

今年1月の授業参観の際に、ママさん2、3人と立ち話をしていて、オレが「ではそろそろ会社に行くので!」というと、「え?叶井さんって仕事してたんですか?」とマジで驚いてた!

「当たり前じゃないですか!これでもサラリーマンなんですよ!」といったら、「あり得ない!」と返されました…。

もしかしたら妻が学校行事にぜんぜん来ないから、主夫だと思われているのかも。それならそれでいいけど。オレはクラスのパパたちがどんな仕事なのかに興味があるので、来年度はもっと突っ込んだ話をしたいと思います!

学童保育クラブでは、キャンプ委員になって事前打ち合わせもキャンプ自体も楽しかったので、2年になっても引き続き委員をやることに。

キャンプ委員のみなさんは面白いし、飲み会などの交流は続いているのですが、キャンプ委員以外、特に1年の保護者のみなさんとは普段ぜんぜん会わないこともあって、オレでさえ顔と名前が一致しません。

2年生になると委員があと2人必要なのですが、誰も入ってくれない。そもそもキャンプに行かない人が多いことにも驚きです。子どもたちにとっては楽しいに決まってるのになあ。

「そもそも共働きだから学童に入れてるわけで、さらにキャンプ委員なんぞ忙しくてできん!」ということなんだろうけど、それはみんな一緒!オレも他のキャンプ委員たちもみなさんそれぞれ忙しいわけですよ。

でも子どもたちのためにやってるわけですからね。まあ、嫌々やってもらうのもアレなんで、立候補者がいなければ新1年生の保護者を勧誘してキャンプ委員をやってもらうことにします。

今年度はダメもとで、キャンプ委員以外の保護者の方を飲み会に誘ってみようと思ってます。

学童は3年生で終わりなので、現3年生の送別会と飲み会の幹事をオレがやることになり、「キャンプ委員以外の3年生と保護者を呼びたい」とLINEグループで提案したら、とあるパパから「キャンプ委員以外はたぶん来ないでしょ」と返信が!

うーん、まあそうなのかもなあ…。無理に参加してもらっても気まずいから呼ぶのもやめときますか。

権利侵害申告はこちら