記事提供:女子SPA!

はじめまして。管理栄養士の梅原祥太です。

ダイエットで悩む女性に向けて、世間では常識とされているダイエットの落とし穴や、それが原因で痩せられないこと、ダイエットを成功に導くために必要な内容などをお伝えしていきます。

◆痩せたいなら「食事制限」はしないこと

みんなダイエットで、脂肪ではなく筋肉ばかりを減らしています。

ダイエットに重要なことの一つとして、「筋肉を極力減らさないこと」が挙げられます。筋肉は、引き締まった美しい身体をつくるためにも不可欠であり、活動時の代謝にも大きく関わります。

ところが、大半の人は間違った痩せ方を繰り返し、筋肉ばかりを落として脂肪はあまり減らない。「体重が減った!」と喜ぶのは早合点なのです。実は、減ったのは脂肪ではなく、筋肉や水分です。

リバウンドをしてしまう原因とは、「続かないことをする」「間違った方法をとる」ことによるものが大半です。

◆カロリーが低いものを食べれば痩せるはウソ!

ダイエットでのお悩みとして、「どうしても食事制限が続かずに食べ過ぎてしまう」「お菓子を食べてしまう」などが非常に多くあります。

でも、そもそも「ダイエット=食べないこと」という認識こそが誤りだということに気付く必要があります。単純に「食べる量を減らす」「食事を抜く」といった、いわゆる「食事制限」はダイエットにおいて典型的な間違った方法です。

食事量が不足すれば、その分、摂れる栄養素は減ります。カロリー不足や、筋肉の基となるタンパク質が不足してしまえば、綺麗な体型を維持するために必要な筋肉が落ちてしまいます。

日頃の食事で「カロリー」ばかりを重視して、栄養がほとんどないようなものばかり食べている場合は、しっかりと高栄養を意識して食事を摂る必要があるのです。

「野菜サラダならカロリーが低いから痩せる」なんてことはありません。タンパク質や良質な脂質、ビタミンやミネラルなどがなければ、人は美しい身体をつくりだすことはできないのです。

◆ダイエットの近道はしっかり食べること

正しい食事は、肉類や魚介類、卵、大豆製品などをはじめとしたタンパク質源をしっかりと摂り、植物性食品も副菜で摂るようにします。

「筋肉を落とさないようにする」「脂肪を燃やす」。これらは食事を減らすことでなく、しっかりと栄養が摂れる食事をすることが大事なのです。

「正しく食べること」は、綺麗に痩せるために必要不可欠なことなのです。綺麗に痩せてリバウンドを避けたいのであれば、間違っても何も考えずに「食事を抜く」「食事を減らす」ということは避け、高栄養な食事を心がけるようにしましょう。

<まとめ>

・綺麗に痩せるためには「筋肉を落とさない」「脂肪を減らすこと」

・食事制限ではなく、食事の内容を見直す食事改善をしましょう

・「痩せる=食べない」は間違いと知ってください

【梅原祥太】

管理栄養士。ダイエットをはじめ、体質や肌の悩み、身心の不調を食事から改善するカウンセリングやサポートなどを中心に活動。自身も食事を変えて、筋肉を一切落とさずに脂肪だけを11kg落とした。著書に『痩せたいなら食事を増やせ』(電子書籍)

女子SPA!のおすすめ記事】

権利侵害申告はこちら