明和電機の人気商品と瓜二つの商品が、大型雑貨店「フライングタイガー コペンハーゲン」で販売されている事を知った明和電機の土佐信道社長。即座に法的手段に出るかと思いきや…前代未聞!

まさかの行動に打って出るのでした!(笑)

とあるツイートでパクられた事を知った土佐社長。

「明和電機の魚コード、パクられとるやんw」

明和電機ファンの男性がアップした1枚の写真。そこに写っていたのは、明和電機の看板製品の1つ「魚コードUSBケーブル」とそっくりの商品。

これを見た土佐社長は…

「ぎゃああああ!パクられたあああ!」

と絶叫!さらに

「うちのより性能いいじゃないか…」

と激しく落ち込んだ様子。

日本各地にある「フライングタイガー」の店頭に並ぶ、「魚コードUSBケーブル」そっくりの商品。なお、実際に購入したファンの解説によると…

パーツ部分のバリ(加工面に生ずる不要な突起)、また、白い樹脂に汚れが混じったりと、明和電機の「魚コードUSBケーブル」と比べると、品質は明らかに劣るものの、どこからどう見ても明和電機の商品にそっくりだったとのこと。

明和電機。以前にも商品をパクられていた!

実は「魚コードUSBケーブル」。以前にも「ミスタリピカピカ魚骨」という名でパクられており、海外を中心に販売されていたのだとか(笑)

本物を見れば、粗悪品である事が一目瞭然ですが、「魚コードUSBケーブル」を知らない方は誤って購入してしまう可能性大です。

フライングタイガーが悪意を持ってパクったのではなく、知らずに中国の業者から購入したのだろうと推測する土佐社長。

そして、すぐにこのことをフライングタイガーに伝えたところ…

フライングタイガーは迅速に対処。ホームページから「魚コードUSBケーブル」が削除されるという展開に。

見れば見るほどそっくりな商品。

これは見分けがつかない!

なお、先程も述べましたが、普通ならば法的手段に出てもおかしくないこの状況。しかし、さすがは芸術ユニット「明和電機」。ここで前代未聞のとんでもない行動に打って出るのでした。

さすがは明和電機!その発想は無かった!(笑)

「本当に“魚コードUSBケーブル”が店頭で売られているのか?」

を確認する為、フライングタイガー渋谷店にやってきた土佐社長。

そして、商品を発見した土佐社長は…

なんと、店頭にあった「ニセ魚コードUSBケーブル」を全て買い占めます。

「ニセモノが販売されている事が許せない!」

制作者なら当然の行動。しかし、土佐社長はニセモノの商品をなんと…

オリジナルのパッケージに詰め替え…

明和電機STORESで販売するという行動に!(笑)

コピー商品をパッケージし直し、サイン入りで販売する明和電機。これは前代未聞と言っても過言ではありませんね。

まかさの展開に、Twitterにはたくさんの声が!

200円で仕入れたニセモノ。サインを入れて本物に!これは天才的発想!

フライングタイガーから仕入れ、オリジナルパッケージ化。

こんな商品説明文。過去に見た事がない!(笑)

すでに「ホワイト」は売り切れ!(笑)

サイン入りという事で“プレミア化”したニセモノ商品。ある意味…これは貴重品!

日本ではすでに撤去済みだそうですが、アメリカ、フランス、スウェーデン、デンマークなどではまだ販売されている「ニセ魚コードUSBケーブル」。全部買い占めれば明和電機、大儲けですね(笑)

まさかの行動でパクリ商品の氾濫を食い止めた明和電機。なお、ホワイトはすでに売り切れていますが、ブラックとレッドはまだ購入可能なので、プレミア化必至の「ニセ魚コードUSBケーブル」をこの機会にGETされてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら