記事提供:日刊大衆

3月21日放送の『AKBINGO!』(日本テレビ系)で、出演メンバーが『AKB・Team8のブンブン!エイト大放送!』(同系列)の出演メンバーと対決。その結果、屈辱的な土下座をさせられる場面が見られた。

番組の冒頭、『AKBINGO!』で司会を務めるウーマンラッシュアワーの中川パラダイス(35)が、『ブンブン!エイト大放送!』の収録に乱入したVTRが流された。

そこで中川は自身と村本大輔(36)がかわいがっている『AKBINGO!』のメンバーと、チーム8メンバーとの対決を申し込み、もしチーム8が負ければ『ブンブン!エイト大放送!』の司会を務めるオードリーと縁を切ってもらうことを提案したのだ。

すると、これを聞いたチーム8の岡部麟(20)が「チーム8が勝ったら『AKBINGO!』もオードリーさんの司会でやらせてください」と、逆に提案をする展開に。

これには、中川も驚いていたが、後には引けず、双方の司会の座をかけて3番勝負が行われることになった。

最初の対決はキックベースバトル。試合は序盤から運動音痴のメンバーがそろってしまった、AKBINGO!チームが守備でミスを連発。

逆にスポーツが得意なメンバーをそろえたブンブン!エイトチームに大差をつけられる展開となり、最終回でブンブンエイト!チームに追加点を許してしまった。

危機感を募らせた村本は「(中川)パラダイスを入れさせてくれ!僕たちは野球は下手ですが、土下座は得意なんで」とチーム全員で土下座し、ルール変更を懇願。

さらに村本と中川がプライドをかなぐり捨て、宿敵であるオードリーの持ちネタを披露すると、ようやく中川の試合参加が許され、さらに得点も1点差にしてもらうことに。

しかし、ブンブン!エイトチームの勢いを止めることはできずに、結局敗北。AKBINGO!チームのメンバーは初戦の手痛い敗北に肩を落としていた。

「この日は佐藤妃星(16)の顔面にボールが直撃してコンタクトレンズが外れるなど、ハプニング満載のガチ対決だっただけに、ファンもハラハラドキドキだったのではないでしょうか。AKB関連の番組は体を張った企画が多くなってきており、意外なシーンが楽しめる傾向にあるので、ファンとしては見逃せませんね」(芸能誌記者)

――次はどんなハプニングが起こるのか、期待!

権利侵害申告はこちら