記事提供:messy

HYDE インスタグラムより。

3月21日に生配信されたLINE LIVEのトークバラエティー番組『さしめし』に、L'Arc‐en‐Ciel、VAMPSのHYDE(48)と元KAT‐TUNの赤西仁(32)が出演した。

この奇跡とも言える美の共演に、双方のファンは大盛り上がりだったわけだが、視聴者から特に反響の大きかったシーンをいくつか紹介したい。

まずはHYDEが“黒歴史”を語ったシーン。番組で2人は「イラストしりとり」をしたのだが、実はHYDEはイラストしりとりに因縁がある。

2007年に『カートゥンKAT‐TUN』(日本テレビ系)にHYDEが出た際、HYDEは「ふ」から始まるモノを描くことになり、天然で「ふとん」を描いてゲームオーバーになっていた過去があるのだ。

HYDEは番組でこれを振り返り、「黒歴史」と発言したのだが、今回はなんと赤西が天然で「ジャージャー麺」を描いてゲームオーバーになっていた。

赤西は「ジャニーズ描いとけばよかった。松潤あたり描いとけばよかったー」とも発言。そして天然の2人はなぜか失敗を祝して乾杯していた。

それぞれがオススメの料理を持ってくる場面では、赤西が錦糸町の中華屋の「純レバ丼」をチョイスしたのに対し、HYDEが大阪王将の「天津飯」と、まさかの中華かぶり。

おしゃれなバーのようなところで収録しているにもかかわらず、お互いが場違いなものを持ってきたうえに種類がかぶるという奇跡を起こしていた。

赤西が子供の頃に親しんだという「純レバ丼」を食し、HYDEは「これでワインがいける」「普段はレバーの料理頼まないけど、この店行ったらこれ頼むかも」と絶賛した。

そして大阪王将の「天津飯」についてだが、HYDEは熱い思いがあるようで、スタジオの近くに大阪王将が出来たときには大喜びして買ってきてもらったのだが、天津飯の卵がふわふわじゃなくてがっかりしたそう。

それからは「卵半熟って言いなさいよ」と注文係に要請して、スタジオでの仕事の度に卵半熟の「天津飯」を食べていたというエピソードを話していた。

その後しばらくして大阪王将は「ふわとろ天津飯」というメニューを置くようになったのだが、HYDEは「これ僕のなんかアレもあるんじゃないか」と嬉しそうに推測。赤西も「十中八九そうですよ」と乗ってあげていた。

さらに2人がノリノリで自撮りアプリ「snow」を使って自撮りする場面もあり、赤西は「事務所的に大丈夫ですか?」とHYDEを心配していたが、「僕の事務所だからね」と軽いHYDE。赤西も「俺も…」と返し楽しんでいた。

最後にライブへの意気込みを語る際は、「チンコみたいな情熱を出そう」とド下ネタで締めくくった2人。今後もどこかでの共演が期待できそうな実に和やかな雰囲気であった。

権利侵害申告はこちら