記事提供:Techinsight

3月26日の『ワイドナショー』内で放送された「“ワイドナショー妄想胸キュン漫画”日曜10時の片想い」の全ページが、原作者であるSNS漫画家・山科ティナさんのツイッターで公開された。

番組放送後「1日でフォロワーが1万5000人増えた」と山科さんが驚くほど反響があり、特に美化しすぎた松本人志(ダウンタウン)に視聴者は爆笑したようだ。

「山科ティナさんのワイドナショーの漫画すっごい笑った」「“日曜10時の片想い”で腹筋崩壊した」「妄想ワイドナショー胸キュン仕様な松ちゃん(笑)」と女性だけでなく、男性にも好評だった“ワイドナショー妄想胸キュン漫画”。

同番組に“ワイドナ高校生”として出演した岡本夏美の卒業記念に、山科ティナさんに依頼して彼女をヒロインに描き下ろしてもらったオリジナル漫画である。

ストーリーは右も左も分からず初出演した『ワイドナショー』で気の利いたコメント一つ言えず落ち込む岡本に、優しい言葉をかけてくれた松本人志に惹かれていく過程が柱となっている。

またしばしば登場する“岡本夏美フィルター”を通して描かれた美化しすぎな松本のイケメンぶりに、ネット上では「松本その顔やめれー!」「なんだその顔(笑)」と大ウケであった。

放送後の反響も凄まじく、山科さんは27日の『山科ティナ(tinarubii)ツイッター』で「大変おののいてます」と述べている。フォロワー数が激増し、まとめサイトが複数出現、検索エンジンの急上昇ワード入りなど驚きの連続だったようだ。

また声優について、山科さんは「大好きな『物語シリーズ』の中から提案させて頂いた」「櫻井(孝宏:松本)さんも井口(裕香:岡本)さんも人気者すぎるので『お二人はあくまでも参考として…』と提案した」とも明かしている。

それだけに「お二人に決定したと聞いた時はなんのサプライズかと思いました…(失神)」と喜びもひとしおだったという。ちなみに東野幸治役は、ものまねタレントのJPが担当していた。

権利侵害申告はこちら