記事提供:messy

吉岡里帆 インスタグラムより。

女優の吉岡里帆(24)が完全にキている。CM多数出演、声優挑戦、今期ドラマで株を爆上げと、目をみはる躍進ぶりである。

現在吉岡は「第一三共ヘルスケア」「DIC」「ENEOS」「実況パワフルプロ野球」「UR賃貸住宅」「ZOZOTOWN」「日本コカ・コーラ/綾鷹」「ゼクシィ」と多数のCMに出演中。

「最近吉岡里帆めっちゃテレビで見る」「吉岡里帆っぽい声するなーと思ってテレビ見ると必ず吉岡里帆がいる」「テレビはあまり見ないのに吉岡里帆のCMばかり見る。それくらい出てる」といったコメントがSNSなどで多くあがり、少なくない数の視聴者がその活躍ぶりを実感していることがわかる。

そのメディア露出度は現在、加速度的に上昇しているのだ。

2015年下半期のNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』出演以降、同4月クールの『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)、7月クールの『死幣-DEATH CASH-』(TBS系)、10月クールの『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』(フジテレビ系)、そして注目度を一気に高めた今年1月クールの『カルテット』(TBS系)まで、途切れることなく連続ドラマに出演してきた吉岡。

中でも『カルテット』では、“目が笑っていない”元地下アイドルで人当たりが良いものの何を考えているか分からない、お金のために平気で親しい人を傷つける、いわばサイコパスのような難しい役柄を演じたのだがこれが大好評。

「嫌いになりそう」「とんでもない悪女」と評され、演技派の役者陣が揃った同作において決して負けていなかった。

4月15日に公開される映画『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』では初のアニメ声優も務めている。

吉岡は男性誌のグラビアページで水着姿を披露し、涼しい顔立ちに似合わぬ豊満な肉体美が注目を浴びたことで、まずは「グラドル」としてのポジションを築いたように見られている。

しかし元々は女優志望だった。いや、「女優志望のグラドル」は数多いるが、彼女の場合は並々ならぬ熱意があった。

吉岡は映画鑑賞や観劇を好む両親、祖母などの影響で幼い頃から映画や舞台に触れ、さらに地元が京都の太秦ということで演劇は常に自らの傍らにあったという。

高校時代に独学で芝居を経験したこともあったそうだが、転機となったのは18歳のとき、無名劇団が小劇場で上演したつかこうへい作品を観たことだった。

東京の芸能プロダクション(現在所属するエーチーム)の俳優養成所に通い、京都でも大学に通いながらいくつかの小劇団を転々とし、アングラ演劇の世界で場数を踏むほか、地元の学生制作の映画にも参加。

彼女が18~20歳の頃の数年をかけて主演した自主制作映画『星を継ぐ者/inherit the stars』は昨年、インディペンデント映画祭で上映されている。

これまで吉岡は『あまちゃん』『あさが来た』(ともにNHK)など朝の連続テレビ小説ヒロインオーディションにたびたび挑戦してきたが、最終選考での落選が続いている。しかし今の勢いなら近く主役の座を射止めることになるだろう。

2017年上半期『ひよっこ』は有村架純、下半期『わろてんか』は葵わかなが主演で決定しているが、2018年上半期『半分、青い』のヒロインはまだ発表されていない。もしかすると、もしかして…?

権利侵害申告はこちら