日本では、外で散歩中の犬を見かけることはあっても、野良犬を見かける事はすっかりなくなりましたが、タイでは街の中に多くの犬たちが溢れています。タイ・バンコク都庁の発表によりますと、飼い犬が約60万匹、野良犬は推定約10万匹がバンコクで暮らしており、まさに人と犬が共存している国というイメージがあります。

タイ在住のオラワンさんは、近所に住む野良犬たちの世話をするのが大切な日課になっています。愛情を込めて用意したご飯を、犬達の元へ運び、美味しそうに食べるその姿をいることが、何よりも楽しみな時間なのです。

そして犬達も、オラワンさんが大好き。美味しいご飯を運んできてくれて、優しくなででくれる彼女に会えるのを楽しみにしている様子が、写真からも伝わってきます。

ある日、一匹の犬が不思議な行動を

白い体に薄茶色の耳を持つトゥア・プルも、オラワンさんの持ってきてくれるご飯が大好き。いつもとても美味しそうにペロリとご飯をたいらげてくれます。

ある日、トゥア・プルは何かを咥えてオラワンさんの所へやってきました。咥えていたのは、1枚の葉っぱ。そして尻尾をフリフリしながら、その葉っぱをオラワンさんの前で、ポトッと落としました。

そして、いつものようにオラワンさんの出してくれたご飯を美味しそうにキレイに完食。その時は、ちょっと不思議に思っただけだったオラワンさんですが、トゥアプルはこの日から毎日、オラワンさんの所に何か咥えてやってくるようになったのです。

ほとんどの場合、トゥアプルが持ってくるのは葉っぱだそうですが、時にそれは紙切れだったりする事も。何を持ってくるかは変わっても、必ず何かオラワンさんの所へ持ってくるのだそうです。

トゥアプルのこの行動は、まるで
「いつも美味しいご飯をありがとう」
とお礼の気持ちをオラワンさんに届けようとしているよう!

まるでワンコの恩がえしのような、このエピソード。18日に、オラワンさんが「毎日プレゼントを届けてくれる犬」としてトゥアプルをFacebookで紹介すると、その律儀な愛おしい行動に多くの人がその行動に心動かされ、1週間で6万を超えるリアクションがあり、2万5千以上シェアされています。

トゥアプルのニュースは、タイで大きな話題となり、里親になりたいと申し出ている人もいるそうです。もしかすると、トゥアプルに新しい家族ができる日も近いのかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら