パンダの赤ちゃんって、とっても可愛いですよね!大人のパンダでも”ぬいぐるみ”みたいなのに、赤ちゃんならその愛しさにキュン死しそう・・・。

万国共通、老若男女問わず愛される赤ちゃんパンダの動画が3月24日、中国の国営テレビ局「CGTN」YouTube公式チャンネルに公開されました。

その姿があまりに可愛すぎて、世界中から「sooo cute♡」のコメントが寄せられています。

パンダ舎に現れた飼育員さん

場所は、中国四川省にある「成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地」。パンダ舎に現れたのは仔パンダ担当飼育員さん。

あれ!?パンダがいませんね?・・・画面中央の木の下に見えるピンクの木馬(?)と、右下にチラっと見える赤い玩具に注目!

一頭の仔パンダ登場!

と思ったら!パンダいるじゃん!(笑)どうやら木の陰に隠れていたようです。この仔パンダの名前は「撫順」(ピョンヤン)

飼育員さんは赤い木馬の元へスタスタっと走り寄ります。

「やだ~~~!持って行かないで!!」(´Д`)

「お気に入りなの~!」コロンっと飼育員さんの元へ転がり込むピョンヤン。

手慣れた様子で仕事をこなす飼育員さん

飼育員さん超素早い!(笑)ピョンヤンに見向きもせず、赤い木馬GET。次なるターゲットは??・・・

任務を貫こうとする飼育員さん

「あ!・・・・・・」トテトテと飼育員さんの後を追うピョンヤン。ピンクの木馬を確保する飼育員さん。

「持っていかないで~~~~!!」

「やだ~~~!お気に入りの玩具なのぉ。持っていかないで~!」とピョンヤン怒った?それにしても飼育員さんの機敏な動きに脱帽(笑)

はいっ!仕事完了。

ピョンヤン:「待て~~~~~!」
飼育員さん:「仕事完了!」

ひとり取り残されるピョンヤン・・・

飼育員さんの後を追うも、あっという間に姿が見えなくなってしまった・・・。ひとり取り残されるピョンヤン・・・切ないねぇ。

ピョンヤンどうする!?

ピョンヤン:「どこ行った??」
キョロキョロするも姿が見えず・・・。

さあ、ピョンヤンいったいどうするのでしょうか!?

「いやぁ~~~~~~~!!」( `ー´)ノ

ん!?ピョンヤンが丸まってますね~。まるでボールみたいに(笑)

高速で転がるゴムまりのように・・・

ピョンヤン:「いやいや~~~~!!」まるで駄々を捏ねる人間の子どものよう。そして・・・?コロンコロンコロンっ。高速ですよ!お見逃しなく(笑)

そして座る・・・

何を考えてるんだろ(笑)ここから先は動画でお楽しみください!

Cute Alert! Angry baby panda: Don't touch my favorite toy!

出典 YouTube

撫順(ピョンヤン)は、2つの木馬を持ち去られて怒ったようです。飼育員さんを追いかけた後、お気に入りの木馬を取り戻すことができず、怒って何度も何度もコロンコロンコロンっと転がったのだそう♡

ピョンヤンにとっては憤慨した行動で、飼育員さんにとっても日常茶飯事なのかもしれませんね(笑)。仔パンダを間近で見ることのできない私たちにとっては、「可愛い~♡」のひと言に尽きません。

動画を見た視聴者のコメント

・パンダは中国の宝物、パンダ大好き!
・sooo cute♡
・可愛さの致命的レベル
・実は怒っているのね・・・(笑)
・笑える!赤ちゃんパンダが動揺した時の反応だね
・まるで生きてる人形だ
・私も転がりながらたどり着きたい
・毛の生えた小さなボールみたい
・大好き!可愛すぎる
・ピョンヤンは13ラウンドも転がって怒りを示したんだね(笑)


等々、世界各国からピョンヤンの転がる姿可愛さに、ハートを射止められた人たちのコメントが寄せられていました。この動画を何度も見てしまう人々、パンダの赤ちゃんを間近で見た~い♡触りた~い♡と、溜息の嵐。

成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地とは?

元々は中国の四川省や陝西省等の山奥に生息していたというジャイアントパンダ。現在では2000頭を下回り、ワシントン条約では絶滅危惧として指定されているようです。

成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地は、絶滅危惧のパンダ保護目的で1987年に設立されました。設立以来およそ150回の出産を経て、200頭を超えるパンダの繁殖に成功しているようです。

日本でパンダに会える動物園は3件だけ

国内でパンダに会える動物園は東京・上野動物園」「和歌山・アドベンチャーワールド」「神戸市立王子動物園のみ。

世界中でも多くのパンダは、ガラス越しや塀の外からしか見物することはできず・・・赤ちゃん繁殖も日本では難しく、飼育員さんたちの手を焼いているようですね。

上野動物園のシンシン♀とリーリー♂、待望の赤ちゃん誕生に期待!

東京・上野動物園では、♂の「リーリー」と♀「シンシン」が2月27日、発情ピークを迎え、過去最多3回の交尾が確認されたようです。しかし、妊娠したかどうかは赤ちゃん誕生まで分からないようです。

これまで何度も繁殖に挑戦するも、2012年には生後6日で亡くなってしまったということもあり、今度こそ上野動物園で赤ちゃんパンダ誕生の明るいニュースが報道されることを祈りたいですね。

この記事を書いたユーザー

cocon☆hanna このユーザーの他の記事を見る

海外おもしろニュースにはまっています。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • キャリア
  • ニュース

権利侵害申告はこちら