記事提供:女子SPA!

【コンテンツ提供 愛カツ】

同棲するとなると、一体どういった準備が必要なのか…そもそもどういった心構えが必要なのか、やってみないとわからない部分がたくさんありますよね。なんだか大変そうな印象がありますが、同棲を開始するには勇気がいるものです。

そこで今回、実際に同棲経験のある女性3人に「同棲を開始するために必要な心構え」についてうかがってきました。聞けば納得の心構えが勢ぞろい!早速チェックしていきましょう。

◆1.新生活は思った以上に体力が要ることを覚悟せよ

甘い同棲生活を想像される方も多いことと思います。しかし、同棲生活は思った以上に体力が要るようです!

「同棲って、とにかく体力が要ります。だって、今までの洗濯物よりも彼の分も増えるから2倍になるし、ご飯もしっかり用意しなきゃいけないし…。

彼だってやってくれる日があるけど、そもそも1人だと適当に済ませていたりちょっとサボっていたこともしっかりやらなきゃいけなくなる。だけど、彼と一緒に夜更かししたいし遊びに行きたいし。時間も体力も足りなくなるので覚悟が必要です」(20代女性・保健師)

楽しいことばかりを得るわけではなく、わずらわしいことにも時間や体力を費やすことになる同棲。今まで以上になにかとやることが増え、疲れている中で彼との時間も楽しみたいし…と体力の必要な生活になることが予想されるとのことです。

◆2.ケンカは解決までとことんやることになると意識せよ

今までケンカをしても自然と仲直りしていた方は、同棲してからのケンカには要注意ですよ。

「ケンカしてもお互いが同じ空間にいるから、熱くなってしまいがち。で、素直になれない。結果ケンカが朝方まで続くこともザラですよ。とことんやらなきゃいけなくなると思ってください。同棲してからのケンカは最悪だと意識して過ごすことをオススメします」(30代女性・会社員)

ついケンカしがちな2人は注意が必要ですね。頭を冷やしてくる!と家を飛び出したところで、帰る家にはケンカ相手がいる…これって帰れないパターンですよね。

◆3.別れるときが死ぬほど大変だということを知るべし

同棲して一番恐ろしいのが、別れ際。同じ家で暮らしている以上、引っ越しを余儀なくされる可能性もありますし、金銭トラブルに発展する可能性もあります。

「別れるときが本当に地獄でした。死ぬほど大変。細かなものも持って出ていかなきゃいけないし、そもそもそのアパートの解約でもお金がかかる。立ち合いとかどっちがするの?って感じで。もう同棲はいいかな…」(20代女性・事務職)

同じ家で暮らしていた以上、たくさんの物であふれていることでしょう。それをゼロにする労力はハンパではないことがわかります。

どちらかがその物件に残るということになっても、出ていくほうの荷物が残ったりした場合にトラブルになってしまいますよね。

いかがでしたか?

同棲って甘くて楽しい毎日なイメージですが、実は気をつけなければならない点もたくさんあるということがわかりました。これを踏まえてぜひ、お付き合いの仕方をどうしていくべきか考えてみてくださいね。

【愛カツ】

『愛カツ』は恋愛がうまくいかない女性を応援するポータルサイト。恋愛・婚活に関するコラムや恋愛のプロフェッショナルが読者の悩みに答える「恋愛相談」が特徴です!今回の記事の他、以下のような記事が掲載されています。

・ラブラブが一転!結婚前の同棲が失敗した理由4つ

・なんだかこの先が心配…同棲カップルのマンネリを防ぐ3つの方法

・恋人とのワンルーム同居はストレスにしかならない!

女子SPA!のおすすめ記事】

権利侵害申告はこちら