記事提供:messy

ジョルジオ アルマーニ ジャパン Twitterより。

3月22日、西島秀俊(45)が「ジョルジオ・アルマーニ」の日本広告モデルに起用され、会見に出席した。西島は“スーツの似合う男”として海外からも評価されたということになる。

ジョルジオ・アルマーニは西島の写真を見ただけで人柄とスタイルを高く評価し、今回の起用に至ったという。同ブランドで日本人の俳優が広告に起用されるのは初めてで快挙と呼べる仕事。西島も「非常に光栄なこと」と喜びのコメントをしている。

この会見にナビゲーターとして出席していたパンツェッタ・ジローラモ(54)は、「イタリア人にとって『ジョルジオ アルマーニ』のスーツは憧れ」「子供の頃からファッション誌で見ていたので羨ましい」と語り、西島については「『LEON』(主婦と生活社)の表紙に出てもいいくらいかっこいい!LEONは日本人を表紙に使っていないけど」と絶賛した。

さて、スーツの似合う男性についてだが、2013年に「ブランディア」などを運営する株式会社デファクトスタンダードが「スーツの似合う有名人」を調査したところ、1位舘ひろし(66)、次いで、佐藤浩市(56)、木村拓哉(44)、竹野内豊(46)、玉木宏(37)、福山雅治(48)、向井理(35)、小栗旬(34)、伊勢谷友介(40)、谷原章介(44)という順になっていた。

2012年にはniftyニュースが調査し、こちらも1位は舘ひろし、その他は阿部寛(52)、水谷豊(64)、渡辺謙(57)、及川光博(47)、松本人志(53)といった名前が挙がっていた。

2011年に「THE SUIT COMPANY」が店舗で働く女性にアンケートを実施した結果は、1位谷原章介、2位が同票で櫻井翔(35)、玉木宏と続く。

これらの結果を見ると、スーツが似合う肉体の要素は、「高身長」と「体の厚み」が深く関係しているのではないか。高身長で脚が長く見えることは言うまでもないが、肩や胸にガッチリと筋肉がつき、痩せすぎていない体型のほうがスーツはよく似合う。

ただこれだと先天性の部分が強すぎるが、そうでないところで挽回の余地もある。それは姿勢と着慣れていること。

スーツが似合う体型でも猫背だったりすると途端に違和感が起こる。だがビシッと立って、着慣れている感じをだせば途端にスーツの似合う雰囲気に。

実はタモリ(71)の名前もアンケート調査で挙がっていたが、姿勢と着慣れ感でカバーしていると言える一人だ(視聴者が見慣れている、ということも大きいが)。ピシッと伸びた背筋が印象深い水谷豊もこのタイプ。

櫻井翔もまた『NEWS ZERO』(日本テレビ系)などでスーツを着慣れていること、そして肥満揶揄もあるものの厚みのある上半身が高身長でないというデメリットをカバーしている。

松本人志も見慣れ感と筋肉によってスーツが似合うと評価されるようになったといえる。

刑事ドラマで主演を張るような役者は基本的にスーツが似合う。石原軍団に関して言えば、全員スーツ姿がピタリとキマるが、それも軍団への加入チェックポイントの大きな要素なのかもしれない。

権利侵害申告はこちら