元祖カリスマモデルの仁香

米倉涼子さんや藤原紀香さんとともにファッション誌「CanCam」のトップモデルとして活躍し、現在はモデルのほかブランドプロデュースやエステサロンの経営など、幅広い分野でその才能を発揮して活躍を続けている仁香さん。

プライベートでは9歳の息子を育てるシングルマザーでもある彼女。
働くママとして子育てに奮闘する姿も多くのファンから共感を呼び、カリスマ主婦モデルとして今もなお高い人気を誇り続けていますよね。

人間ドッグで胸にしこりが見つかっていたことを告白

そんな彼女がインスタを更新し、先日友人から勧められて受診したという人間ドッグで、胸にしこりが見つかっていたことを明かしました。

私は本格的な人間ドックには行ったことなかったんだけど、すぐに妹と同じ病院の人間ドックにいったの。

そしたら私も私で胸にしこりがみつかって、幸い良性だったんだけど、良性ってわかるまでは、本当にこわくなって、毎日悲しみに明け暮れてしまったよ。

出典 https://www.instagram.com

発見されたしこりは幸いにも良性だったということですが、検査結果が明らかになるまでは予想だにしなかった病の恐怖に怯える日々を過ごしたということを明かしました。

つい、病気は遠い存在と思ってしまうけど…

日々を健康に過ごせていると、つい遠い存在に思えがちな病の存在ですが、40歳を過ぎた彼女は、決してこれらの病気が他人事では無くなったのだということに気づかされたと綴っています。

健康で恵まれていると、つい病気は遠い存在に思える。
でも病気って特に40代からはわりと近くにいる。
だから人間ドックって言っても高いよね?なんて思ってたけど、毎年やらなきゃ。

そして、胸は半年に一度受けなきゃ。

出典 https://www.instagram.com

シングルマザーという責任感もあってか、息子さんのためにも健康を気にかける大切さを改めて感じることになったようです。

「まだまだ死ねない」

実は、仁香さんに人間ドッグを勧めた友人も、40歳で甲状腺がんがみつかっていたのだそう。

その友人に言われた私達まだまだ死ねないよ。」という言葉が、今回人間ドッグを受診するきっかけになったという仁香さん。

検査結果が言い渡されるまでの間、大きな不安に襲われて「とにかく息子のそばで生きてさえいれれば」という思いで頭がいっぱいになったということも振り返り、検診を受けることの大切さをファンに呼びかけました。

人は生きてたら もっとこうしたいとか こうなりたいとか 色々目標を持つものだけど、病気かもしれないと脅かされたら、生きれること。子供のそばで生きてさえいられれば なにもいらない。ってなりました。

(中略)

みんなも、健診にいってね!自分のためは当たり前なんだけど大切な人や大切な子供のために。。

出典 https://www.instagram.com

忙しいとつい後回しにしてしまいがちな検診や人間ドッグですが、その重要性を改めて感じさせてくれましたね。

彼女の告白が、各種がん検診の受診率増加に繋がってほしいと願うばかりです。

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

はむぽよ このユーザーの他の記事を見る

【Spotlight公式プラチナライター】
海外ドラマや海外セレブも大好きです。

得意ジャンル
  • マネー
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら