記事提供:日刊大衆

フリーの田中みな実アナウンサー(30)が司会を務める帯番組『ひるキュン!』(TOKYO MX)の3月15日放送回に、歌手で俳優のピーター(64)がゲスト出演。「なぜ恋人ができない!」というタイトルで、過去の恋愛遍歴を明かした。

ピーターは21から22歳ぐらいのときに、1年間、同棲した恋人がいたのだが、それ以降の約40年間は“ステディ”と呼べる存在ができずじまいだと告白した。

約40年前に交際したその相手を超える存在に出会えないのが、恋人ができない理由の一つでもあるという。

また、人に気を遣うA型の気質で、恋人とともにいても相手の重荷になったり、自分が休めていないことに気づいてしまうことも、恋人不在の一因だと自己分析していた。

この話を受け、同番組の水曜MCであるTKOの木本武宏(45)は、「田中みな実もそういうタイプなんですよ」とコメント。するとピーターは「恋愛しているときを見ていて、同じ匂いがすると思ってた」と納得の表情を見せた。

これに田中アナは「相手に尽くしてあげたいし、頑張り過ぎちゃうところもあって…」と告白したが、ピーターは「相手をダメにするタイプ」だと断言。

田中アナも「お互い疲れちゃって、“離れよう”ってなって…」と憂鬱げな表情になってしまった。

このようなタイプへのアドバイスとして、ピーターは「あんまり恋人と一緒にいないほうがいい。たまに会えば、愛情を注ぎ込んでも相手はたった1日だから我慢できる。だから、同棲しないほうがいいと思う」と田中アナに語りかけた。

また、恋をすると相手への愛が深くなってしまうことを、自覚している田中アナは「俺にばっかり愛情が集中しちゃうから、犬を飼って愛情を分散させてくれ」とかつての交際相手に言われたことがあると告白した。

すぐさま、木本は「その“俺”が誰なのかハッキリしすぎてて、気まずくなる」とコメントしたが、田中アナの言う“俺”とはかつて交際していたオリエンタルラジオの藤森慎吾(34)であることは明白。

苦笑いしながら、田中アナは「本当、そうですね…」と認めてしまっていた。

「藤森はつい先日もテレビ番組で、昨年、新しい恋人と破局していたことを告白するなど、新しい恋に前向きなんですが、田中アナのほうはいまだに藤森とのことを引きずっているようですね。最近は結婚願望を口にしている田中アナですが、こういう後ろ向きなことを言っていては、残念ながらいい相手も見つからないと思いますよ」(女子アナウォッチャー)

――もっと前向きに!

権利侵害申告はこちら