記事提供:しらべぇ

関西弁とサバサバした性格で人気のファッションモデル・アンミカ(44)。いまでこそセレブな生活を送っている彼女だが、極貧の幼少時代を送っていた過去も。

24日に放送された『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)で、アンミカが極貧時代に母から教わったという「美人になる魔法」が話題になった。

■アンミカが母から教わった「4つの魔法」に共感

美人とは、容姿のうつくしさだけでなく、内面も含めた総合的なものだと語る母。アンミカは「ほんとうの美人は一緒にいて心地よい人」という母の教えを聞いて育ったという。その中で、「4つの魔法」と称し、美人になるテクニックを明かした。

①相手の目を見て話す

②相手の話をちゃんと聞く

③姿勢を良くする

④口角を上げる

出典しらべぇ

うつむきがちで人とまともに話せなかったというアンミカは、母の言いつけを守り、これらを実行してきたという。そのおかげで、自然と明るく接しやすい印象が持たれて、相手から好かれるように。

そういった心がけが功を奏し、いまの夫とゴールインすることになったとのこと。

この4つのテクニックを見たネット民からは「基本だけど大事だと思う!」「共感できる」と称賛の声が。

・これすごいわかる!でも「姿勢」だけ難しい…

・たしかにこれって誰でも思いつくけど、ぜんぶを実行するのってすごい難しいと思う。お母さんだけじゃなくて、ちゃんとやり遂げているアンミカもスゴイ人だ!

・私も目を合わせるのと、相手の話をしっかり聞くのは心がけてる。自分がされてうれしいことを相手にもしてあげるのって良いことだと思う!

・これ完全に中居くんがやってるやつだ。やっぱ好かれる人ってしっかりしてるんだね!

出典しらべぇ

■見つめるのもほどほどに…?

「明日から目を見て話そう!」と意気込むネット民もチラホラ。

しかし、しらべぇ編集部が全国20~60代1,368名に「見つめられること」について調査したところ、4人に1人が「やたら目を見つめて話されるのは不快」と回答した。

じっと見つめるのではなく、なにごとも適度にやるのが大切ということだろう。

アンミカが教わった4つの魔法に多くの人が共感し、魅せられている模様。やはり、うつくしさは内面からなのかもしれない。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年8月26日~2016年8月29日
対象:全国20代~60代の男女1,368名(有効回答数)

権利侵害申告はこちら