山田まりやが4年間伸ばし続けた髪を大胆カット!

女優やタレントとして活躍を続ける山田まりやさん。
かつて、その底抜けに明るいキャラクターで売れっ子バラエティアイドルとして活躍していた彼女も、今では4歳の男の子を育てるママに!!

現在もタレントとして活躍するほか、「スーパーフードマイスター」や「薬膳インストラクター」、「マクロビオティックセラピスト」など数々の資格も取得し、ヘルシーで健康的な食生活を実践する姿を紹介した著書を出版するなど、多方面で活躍を続けています。

そんな彼女がなんと、4年間伸ばし続けていたという髪の毛をバッサリとカットしたことをインスタで明かし、話題となっています。

腰まで伸ばしていた髪の毛を、バッサリと切ってボブにした山田さん。
実は、ここまで伸ばし続けたのにはある理由があったのだそうです。

4年越しでようやく実らせることができたという、彼女の思いとは…

ヘアドネーション!

実は、彼女がこの長さになるまで髪の毛を伸ばし続けた理由とは、ケガや病気などの理由で頭髪に悩みを抱える子供達のために医療用ウィッグを提供する活動「ヘアドネーション」に協力するためだったのだそうです。

日本では、NPO法人「Japan Hair Donation & Charity(略:JHD&C)」が主催しているこの活動。使用する髪の毛や資金を全て寄付で賄い、子供達にフルオーダーのウィッグを無料で提供するという活動を約8年間に渡り行っています。

これまでにウィッグを提供してきた子供達の人数は152人!(2017年3月26日時点)
今もなお130人超がウィッグの完成を待ちわびているのだそうです。

多くの芸能人も続々と協力を発表

本来なら廃棄されるはずの髪の毛で、頭髪に悩む子供達を救えるとあって、徐々にその認知度が広がりを見せているヘアドネーション。

これまでにも、山田さんをはじめ多くの芸能人が賛同を発表しています。

ベッキーさん

昨年9月、CM撮影のためにトレードマークだったロングヘアをバッサリと切ったことで話題を呼んだベッキーさん。
カットした髪の毛は、本人の希望で寄付することを決めたのだそうです。

水野美紀さん

最近ではすっきりとしたショートカットにイメチェンした姿がすっかり定番となっている女優の水野美紀さんも、一昨年にロングヘアをカットした際に髪の毛を寄付したことを明かしていました。

三吉彩花さん

モデルや女優として活動し、今人気急上昇中の三吉彩花さんは20歳の誕生日に断髪式を行い、ヘアドネーションしていたことを報告しています。
誰かの役に立ちたいと、20歳になったらヘアドネーションすることはずっと決めていたという強い思いも明かしていました。

そのほか、柴咲コウさんやフリーキャスターの玉木碧さんらも協力を発表したほか、女優の秋野暢子さんや作家の立花胡桃さんは今後ヘアドネーションするために現在髪の毛を伸ばしていることを発表するなど、多くの有名人に協力の輪が広がっています。

カラーリングや白髪もOK

寄付する髪の毛はカラーリングしていたり、白髪混じりでもOK。
ウィッグ作成には31cm以上の髪の毛が必要ということですが、短い髪の毛も転売するなどして間接的にウィッグの製作費用に充てることができるのだそうです。

また、ウィッグ1つを製作するのに約30人分の髪の毛が必要だということで、まだまだ多くの協力が必要とされているのだそうです。
ぜひ、ロングヘアをカットする際には協力したいものですね。

※賛同サロンや自宅での寄付の方法など、詳しくはNPO法人「Japan Hair Donation & Charity」のHPをご覧ください。
「Japan Hair Donation & Charity」HP

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

はむぽよ このユーザーの他の記事を見る

【Spotlight公式プラチナライター】
海外ドラマや海外セレブも大好きです。

得意ジャンル
  • マネー
  • 暮らし
  • 恋愛
  • エンタメ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら