記事提供:日刊SPA!

医学生や現役医師による、女性への暴行事件が相次いで報じられている。もちろん、人の役に立ちたいという高い志を持つ医師が大多数である事は疑いようもなく、そんな医師にとっては風評被害ともいってよい、迷惑極まりない事件である。

「東邦大出身というだけで、白い目で見られるようになった。研修先の病院でも冗談半分でいじられる。アイツらが特殊であるという事だけは、何としてでも訴えたい」

こう話すのは、強姦疑惑で逮捕された医師と同じ、東邦大学医学部出身の本田さん(仮名)だ。現在は、東京都内にある別の大学系列の病院で研修医として働いているが、今回の騒動で言われのない疑念の目を向けられているという。

「病院のホームページ上にある医師一覧のリストから、東邦大出身というだけで外された。仕方のないことかもしれませんが、学校や医師という看板を傷つけた連中が本当に許せない」

本田さんは苦学の末に東邦大医学部に入学。入学金は親や親族からの借金でなんとか調達し、奨学金をフル活用してやっとのことで卒業。

念願の医師になった。逮捕された二人の医師について、本田さんは“医師になってはいけない人だ”と在学中から感じていたという。

「逮捕されたXとYは、とにかく合コンやパーティが好きで、同級生からの評判は最悪だった。Xは遊び人の医学生サークルの幹部をやっていると自慢していて、勉強は二の次。Yは完全に大学デビュー組で、生粋の遊び人であるXに心酔している様子でした。Yは何度も留年しているにもかかわらず、開業医である父親からの援助を受けながら遊びまわっていました」

Xが関与していたとされる医学生系サークルに、学生時代参加していたという別の現役医師が、サークルの実態を明かす。

「単なる学生サークルではありません。イベントを開催すれば、場合によっては数百万円の収益が上がることもあり、ほとんど営利団体といっていいレベルでした。トップにはサークルOBの現役医師が君臨し、その下に幹部がいて、チケットを売りさばく学生がいて…という仕組みです」

以前、早稲田大の学生が代表をつとめるサークルに所属する学生らが、イベント参加女性へ飲酒を強要したり、強姦したりして逮捕された事件があった。

某女子大では、名指しで危険なサークルを記したビラを配るなどして、悪質なサークルに学生が巻き込まれないよう対策をしているが、医学生サークルの場合は少し事情が違うのだという。

「僕がいうのもなんですが、医師はとにかくモテます。イベント参加者も女性の方が多く、男はいわばナンパされる側なんです。イベントごとに違う男性に持ち帰られて、ほとんど自らヤラれにいってるとしか思えない女性も少なくありません。僕らは、基本的には喰われる側なんですよ…」

だが、逮捕された東邦大出身の現役医師の二人については「病気だ」と切り捨てる。

「チャラいことは悪いとは思いませんが、奴らは女性の記憶がなくなるまで飲ませたり、睡眠薬を使っていることを、親しい奴らに自慢げに話していたそうです。どんなにブサイクだろうが、医師の卵というだけで女性には困らないはずなのに、性的趣向が異常であるとしか思えませんね」

真面目な医療関係者の方には大変申し訳ないが、医師や医学生サークルが主催するイベントに女性が参加する際は、ある程度注意をして臨んだ方がよさそうだ。

【伊原忠夫】

元週刊誌記者。性犯罪事件を多く担当。現在はフリーランスのウェブ編集者として、様々なネットメディアで活動中。

日刊SPA!のおすすめ記事】

権利侵害申告はこちら