記事提供:Techinsight

タレントのデヴィ夫人が、先日行われた「イッテQ 10周年記念パーティ」についての詳細をブログで報告している。

後期高齢者と呼ばれる年齢になっても同番組で過酷な海外ロケに挑戦し続ける彼女は「まだまだこれからも、やりたいことが沢山あります」「負けずに頑張っていきたい」と意気盛んである。

3月20日の『デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」』によると、帝国ホテルで開催された「イッテQ 10周年記念パーティ」には出演者や番組スタッフのほか日本テレビの大久保好男社長や役員も顔を揃える盛大な宴だったようだ。

デヴィ夫人は同番組に出演したことで幅広い年代に知名度が広がり、様々なロケで素敵な思い出ができたことを心から感謝していると明かす。

ただ「非人間的 不眠不休なロケ」や「高所恐怖症なのにスカイダイビング」をさせられたりと、77歳の女性であっても容赦ない要求をされていることにも言及。

しかし「絶対 無理、出来っこない」と言われてしまうと、逆に「やってみるわ!!」と闘争心に火がついてしまうというのがデヴィ夫人らしい。

ブログの最後には「この先、イッテQが15周年、20周年と迎えられるように」との願いと、いろいろなことにチャレンジして番組を盛り上げていきたい―とその意気込みを綴っている。

権利侵害申告はこちら