人気漫画「ドラえもん」の原稿をデザインしたクリアファイルが、あまりにも過激な内容のため、大きな注目を浴びている。デザインされている内容がヤバイのだ。

これは正式に藤子・F・不二雄先生のライセンスのもと販売されているもので、公式商品となっている。

・これを公式が販売している凄さ

何がヤバイのか?なんと、目が血走ったドラえもんが「やろうぶっ殺してやる」とコメントしているシーンがデザインされたクリアファイルなのである。二次創作ではなく、これを公式が販売しているのだ。

・ファンの心理をしっかり理解している

かつて「ドラえもん」は、今では規制されてもおかしくない内容が掲載されていることが多々あり、この原稿のシーンも、現在の「ドラえもん」では表現できないレベルのもの。

それをあえてクリアファイルにした藤子・F・不二雄先生の事務所は、ある意味「ファンの心理をしっかり理解している」といえるだろう。

・公式に対して敬意を表したい

何から何まで規制されつつある現代社会。確かに過激かもしれないが、古き良き時代に存在した「振り切った表現」を現代によみがえらせる勇気。藤子・F・不二雄先生の事務所に対して敬意を表したい。

・東京スカイツリーで販売中

ちなみにこのクリアファイル、東京スカイツリーや藤子・F・不二雄ミュージアムにて、期間限定で販売されている。あまりにも人気がある商品ゆえ、売り切れている場合もあるかもしれないので注意が必要だ。

出典 YouTube

権利侵害申告はこちら