記事提供:日刊SPA!

今年で12年目を迎える『滝沢歌舞伎』が5月で通算上演回数600回を迎える。主演・演出を務める滝沢秀明はまもなく35歳となるが、子役時代からタッキーの愛称で親しまれ、ジャニーズJr.のリーダーとして多くの後輩を世に送り出してきた。

そんなタッキーのジャニーズならではの教育論とは?稽古直前の本人を直撃した!

――まもなく35歳になる滝沢さんですが、10代の頃からジャニー喜多川社長に見込まれて、ジャニーズJr.グループのリーダーとして若手育成も手掛けてこられました。

コンサートやステージでは数多くの後輩をまとめてきた実績があります。まずは、数百人以上もいるジャニーズJr.のリーダーとして意識していることを教えてください。


滝沢大人数をまとめるのは大変そうだと思われますが、実は意外と簡単な方法があるんです。それは「自分の一番近くにいる後輩を、いい人間に育てる」こと。それさえできれば、後輩が10人いようが、100人いようが一緒だと思っています。

――とてもシンプルなんですね。

滝沢どう考えたって、一人で100人の後輩を育てるのは無理ですから。でも、自分の下にいる後輩をいい人に育てたら、今度はその後輩が自分の下にいる後輩をいい人に育ててくれます。

それなら、一番下の100人目の後輩まで、僕自身が直接面倒を見なくても組織として成立しますからね。

――つまり信頼できる直属の後輩をつくれば、その下の人たちが責任を持って下の面倒を見ていく…という図式ですね。

滝沢そうですね。たとえば、誰か新しく入ってきたジャニーズJr.の子がステージ上で失敗したとしても、僕は直接怒りません。でも、その後輩が見ている前で、彼のことを面倒見ている先輩を怒ります。

結果、その新人の子も「自分のせいで先輩が怒られている」と自覚を持ってしっかりやるようになってくれるんです。

――ステージでは、どんなことを指導しているんですか?

滝沢「本気でやれ」ということだけです。不器用でも、思わず「頑張れ!」と応援したくなる人っているじゃないですか。がむしゃらに頑張っている子は、仮に下手でも表情がキラキラしているんです。

僕らはお客さんにお金を払ってパフォーマンスを観てもらうのが仕事なので。下手でもいいから、最低限、観ている人に「応援したい」と思ってもらえるようになれ、と伝えています。

――若手を指導するうえで世代のギャップを感じることはありますか?

滝沢その時代によって先輩から受ける教えも違うので、なかなか難しいですよね。僕らの教えをそのまま後輩に言っても伝わらないですし。

だからこそ、僕自身が絶対に後輩にやらないようにしているのは、「俺のときはこうだったから、お前らもこれをやれ!」という教え方です。

――頭ごなしの指導はしないと。

滝沢「後輩なんだから、先輩の言うことは黙って聞け!」と言うことは簡単です。でも、それをやると、僕の前では頑張るのに、僕がいないときは頑張らない…という形になってしまって、表面的な解決にしかならないので。

僕らの仕事は一人で進められるものじゃないし、後輩といえども大切なパートナーですから。協力がない限りは成立しない。だから、人間関係を重視するんです。

※このインタビューは3/14発売の週刊SPA!のインタビュー連載『エッジな人々』から一部抜粋したものです。

【滝沢秀明】

'82年生まれ。'95年にジャニーズ事務所入り後、'02年に今井翼と「タッキー&翼」としてCDデビュー。'06年には主演舞台『滝沢演舞城』がスタート。'10年からは『滝沢歌舞伎』に変更し演出も手掛ける。初主演となる映画『こどもつかい』は6月17日公開。

日刊SPA!のおすすめ記事】

権利侵害申告はこちら