出典PR Image Factory/shutterstock.com

木々が芽吹くように、春は物事を成長させるシーズン。とくに幼稚園に入園する子どもたちは、集団生活の中で自立心が芽生え、ご家庭で「お手伝い」をしたがる頃なのではないでしょうか。

お手伝いを習慣化させるには、普段からいろいろと家のことをやらせてあげたいところ。ですが、下準備に追われてしまったり、進め方が気になってしまったりと、何かと負担が増えてしまいがち。見守る側にもそれなりの覚悟と準備が必要なようです。

ママたちも子どものお手伝いに関して不安の声が

実際、世のママたちは子どものお手伝いに関してどう思っているのか聞いてきました。まず最初に、5歳の息子さんがいるYさんは「家のことを率先してやりたがってくれるのはありがたいです」と語りつつも、好奇心旺盛な年ごろならではの悩みを語ってくれました。

Yさん「ウチの息子は、毎日のように晩ご飯の手伝いをしてくれます。料理の前に手をしっかり洗わせてからハンバーグの肉をこねてもらったり、パスタを和えてもらったり…。今後は家事もできる大人になってほしいので、洗濯畳みとかも覚えてほしいですね。

でもひとつだけ悩みがあるのですが、息子がやりたい』って言ってるときに限って私に余裕がなくて今は手伝いすることないよー』とちょっと冷たく言っちゃったり、注意ばっかりしてやる気を削いじゃうことがあって、私自身、気をつけなきゃなって思ってます」

一方、Sさんの息子さんは、3歳になり今年から保育園に入園。すでにお手伝いへの意欲が目覚めてきているとのことで、成長ぶりに目を細めながらも不安なことが多いと言います。

Sさん「私が普段していることを真似したいようで、よく『僕もやる!』と言ってくれます。まだ小さいこともあり、イチゴや、ミニトマトのヘタを取って洗ってもらったりということから始めていますね。本当は寝る前のおもちゃの片付けを率先してほしいのですが(笑)。

ひとつ気になることと言えば、息子は火を使った料理や、野菜を切る包丁などに興味があって…さすがにそれは危ないので、やんわり断っていますね」

そんな悩みを解決してくれるのは「あの飲み物」

お手伝いに関して「余裕がない」「火や刃物を使わせたくない」など、子どもを思うママならではの悩みが出てきました。そんなとき、おすすめしたいのが皆さんおなじみこちらの飲み物!

そう、「カルピス」なんです。作ったことがある方はご存知かと思いますが、お水を入れてまぜまぜするだけと、非常に簡単に作る体験ができます。お子さんを「カルピス」の“まぜまぜ当番”に任命してあげれば、楽しんでお手伝いに取り組んでくれることでしょう。

「幼児ならストローを挿すだけでも、大人が思う以上に特別なイベント。まして大好きな『カルピス』を大好きなママのために作ることは、『次もやりたい』という意欲を育てるもとになります」と、食育の専門家でもある上田淳子さんも太鼓判を押します。

「カルピス」をお手伝いに取り入れるママは増加中

お子さんに「カルピス」作りのお手伝いをしてもらうご家庭は増えており、人気のママブロガーも次々とその様子を公開しています。

お料理のお手伝いをしてもらうのって、忙しい時などは時間がかかってしまったり、危なかったりとなかなか大変だったりしますが、「カルピス」をまぜるのは手軽ですし子供も楽しめます

なるべくお手伝いをしてもらいたいけれど「今は炒め物をしたいから、お手伝いしてもらうことがないなー」などという時は、隣で「カルピス」を作るお手伝いをしてもらったりします

「おいしくなーれ!おいしくなーれ!」とおまじないをかけながらまぜまぜ

自分でまぜた「カルピス」は、格段においしいようです

「カルピス」: 牛乳=1:5の割合で作る濃厚ラテ作りに挑戦!!

長女ちゃんが「カルピス」と牛乳を注ぎ
次女ちゃんがかき混ぜる!
子供達のお手伝い共同作業♡

こんにちは
ご訪問ありがとうございます

この前の週末。

ブログネタでモニターさせていただけることになった「カルピス」で息子が"濃厚ラテ"を作ってくれました!!

最近お手伝いが楽しいらしい息子。
「なんかやることないーー?」
とよく聞いてくれるので♪

レシピはこちら

みなさん「カルピス」巨峰の“濃厚ラテ”でアレンジ。お子さんもたのしく、美味しくできている様子がうかがえますね。もちろん、おなじみの白い「カルピス」でもつくれちゃいます。

この他にも、「カルピス」の炭酸割り、「カルピス」のもみもみシャーベットなど多彩なレシピがありますので、お子さんも飽きずにお手伝いを楽しんでもらえることでしょう。

お子さんをぜひ“まぜまぜ当番“に

小さな子どもでも自分で作る体験ができる「カルピス」。家族のために作ってあげることで、自主性もきっと伸びることかと思います。

「忙しいから…」「失敗したら面倒で…」と感じ、お子さんのお手伝いを敬遠していたママも、ぜひお子さんを「カルピス」の“まぜまぜ当番“に任命して、お手伝いを習慣化させてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら