記事提供:女子SPA!

愛する人との子供が欲しくて、ついに妊娠!となるも、「10月10日」と言われる、およそ280日に及ぶ妊娠期間中、セックスをしてもいいのかどうか悩む女性は多くいらっしゃいます。

ラブリサーチで行った『妊娠中のエッチで気をつけたことはありますか?』というアンケートによると、69.5%の女性が母体を気遣いながらセックスしていることがわかりました。

===============

Q.妊娠中のエッチで気をつけたことはありますか?

・はい(73名)
・いいえ(32名)

回答時期:2016.11.04~2016.11.19
総回答数:105名

===============

妊娠中のセックスは負担になってしまうのか知りたいという人は、男女問わず大勢いらっしゃいます。今回は、妊娠中のセックスについてお話ししていこうと思います。

◆妊娠中でもセックスをしていいの?

妊娠中のセックスについては、基本的には問題ありません。ただ、流産や早産の危険があると言われている場合は控えるべきです。セックスだけではなく、リスクを伴う妊娠中には、不必要な刺激を与えない方がベストです。

また、妊娠中の不正出血が見られるような場合も、セックスは控えた方が良いです。不正出血は、それ以外に何も自覚症状がなくても、異常妊娠のサインである場合があるからです。

妊娠後期になってくるとお腹が出てきて、うつ伏せになったり横向けになったりすることが難しくなってくるかもしれませんが、妊娠初期でまだお腹も目立たない頃は、特に体位なども制限はありません。

ただ、妊娠初期にはつわりがひどく出て体調が優れない場合もあるため、その場合は無理にセックスするのは避けましょう。

逆に、妊娠中はセックスを我慢しなければならない、と思い込みすぎることで、二人がギクシャクしてしまうのであれば、コミュニケーションのひとつとして我慢せずに二人のセックスライフを楽しんでみるのも良いでしょう。

「こうでなくてはいけない」と思い込みすぎずに、体調を見ながら二人のペースでセックスを楽しんで、お互い余計なストレスをかけないことの方が、胎児にとってもよかったりします。

Point:体調を見ながら、身体に負担のかからない範囲で楽しむことが大切。ストレスの無いように、パートナーと話し合いながらコミュニケーションをとっていきましょう。

◆妊娠中のセックスでの注意点

生まれてくる赤ちゃんのためにも、注意すべき点を知っておきましょう。

・お腹を圧迫しない

当然ですが、女性のお腹の中には新しい生命が宿っています。いくらセックスが大丈夫だと言えども、無理な体位を続けて、お腹を圧迫したり、子宮に過度の負荷がかかるようなセックスは控えるべきです。

特に妊娠後期になるとお腹も目立ってきて、複雑な体位や体位変換が難しくなります。無理な体位変換をして、お腹を強く圧迫すると、切迫早産や切迫流産につながる可能性もゼロではないので、非妊娠時よりもお腹への負担は、男女ともに注意しましょう。

・挿入は深くしすぎず、浅めで楽しむ

基本的にはセックスは問題ないですが、子宮口を強く刺激するような深い挿入や、子宮口を刺激するような激しい前戯は妊娠中は控えましょう。

子宮口をペニスなどで刺激したからといって出産が誘発されるわけではありませんが、あまりにも強く刺激しすぎると、時期によっては子宮口が開いてしまって早産につながる場合もあります。

女性の体をいたわりながら、浅めを意識してセックスするのが良いでしょう。

・コンドームは必ず着用する

妊娠を希望しているカップルにとって、コンドームを使わずにセックスすることは当たり前になっていたかもしれませんが、妊娠中は必ずコンドームを着用してください。コンドームは、避妊のためのものだけではありません。

コンドームを着用することによって、性感染症を防ぐことができます。

妊娠中には抗生剤の使用ができないため、性感染症にかかってしまっても適切な治療を行えないことがあります。また、感染症によっては胎児に大きな悪影響が出てしまうものも。

念には念を入れるという意味でもコンドームは着用するべきです。感染症の中には、妊娠中に病気にかかると、生まれてくる子供の知能や運動能力などに重篤な障害が残る場合があります。将来の子供の一生に関わることなので、くれぐれも注意しましょう。

◆妊娠中のセックスはどんな方法がオススメ?

先ほどもお話しした通り、妊娠中は子宮口を強く刺激するのは控えて、お腹を圧迫していないか注意しながらセックスして欲しいところです。

あれこれ考えすぎると、セックスを楽しめなくなってしまう、という二人のために、妊娠中でも刺激を与えすぎないテクニックをいくつか紹介します。

・ソフトセックスを楽しむ!

いつもは激しいセックスが好みのカップルも、妊娠中はいつもと違うソフトセックスを楽しんでください。膣内を刺激する前戯だけではなく、全身を焦らしながらゆっくり時間をかけて楽しんでみてくださいね。

・オススメの前戯テクニック

まずは前戯から。膣内を長時間刺激するのではなく、乳首や脇、背中など、いつもは触れないようなところを触れてみて、じっくりとクリトリスまで責めてみてください。

個人差はありますが、妊娠中は濡れにくいという女性も多いので、前戯にたっぷり時間をかける方が良いでしょう。女性の体は全身が性感帯です。パートナーと、新たな性感帯を探しながら前戯を楽しんでみてください。

・オススメの体位

挿入は、お腹に負担をかけないという意味で、正常位や座位といった体位がオススメです。お腹の大きさが気になるときは、四つん這いになって後背位や立位でのセックスも良いですよ。

興奮が高まりすぎて、脚などで腹部を圧迫してしまわないように気をつけてください。

◆まとめ

妊娠中の女性の体はとてもデリケートです。セックス中に気分が悪くなってしまったら、気後れせずにパートナーに伝えてください。無理をしてしまうことで、女性がストレスを感じてしまうことは、胎児にとって良くありません。

ストレスフリーでセックスを楽しめるかどうかを優先して、自分の体と胎児のことを最優先にセックスを楽しんでくださいね。

▼ライター:山下真理子さんプロフィール

女医、タレント。岡山県出身。医師免許取得後は、医療だけではなく、美容、タレント、モデルとして幅広く活躍している。

著書に「あなたの魅力が10倍増すセックス」「夜のお悩み相談クリニック」の他、写真集「診て感じるクリニック」がある。ファッション誌やラジオ番組、バラエティ番組にも数多く出演。

【ラブリサーチ】

女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。今回の記事の他、以下のような記事が掲載されています。

★妊活中のセックス。中に出したあと(射精後)の処理方法は?
★妊娠中にセックスってしていいの?気になる夫婦のコミュニケーション術!
★セックスレス!ご無沙汰カップルはこんなに!セックスレスの原因と対処法?

女子SPA!のおすすめ記事】

権利侵害申告はこちら