堤真一さんが冴えないサラリーマンを演じているドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」(日本テレビ)。平凡なサラリーマンが謎の男から譲り受けたスーパースーツに身をまとい、しぶしぶながら世界の平和を守る物語です。

ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズでもお馴染みの福田雄一監督ならではのパロディ満載な作品となっており、別のドラマやプライベートを連想させるような小ネタが連発されることも、注目のポイントとなっています。

冴えないサラリーマンは、家庭でもツライ立場に…

ドラマでは、会社だけでなく家庭も大事な舞台になっています。小泉今日子さん演じる鬼嫁・円子と、島崎遥香さん演じる娘・はね子、横山歩さん演じる息子・もや夫たちに翻弄させられる毎日。家庭でも休まることなく、あたふたと振り回される夫の姿が映し出されています。

鬼嫁である妻・円子からは常にダメ出し、罵倒、家事の強制…。あまりの鬼嫁っぷりに「ひどすぎる!」「見ていてイライラする」という声もある一方で、「逆にかわいく見えてきた」「実は愛情の裏返しでは」と支持する声も上がっています。

キョンキョンが演じる鬼嫁のモデルは…?

もともとは藤子・F・不二雄先生の漫画『中年スーパーマン左江内氏』が原作となっているドラマですが、漫画の中には奥さんについても警察についても詳しくは描かれていません。

サブキャラに関しては、自分の持ち味で遊ばせてもらおう」と監督自身のアイデアによって登場したのが、小泉さん演じる鬼嫁・円子であったり、ムロツヨシさん演じる刑事・小池だったのです。あえて、鬼嫁キャラで登場させた円子について監督はインタビューでこう答えています。

小泉(今日子)さんも、(演じている円子が)基本的には僕の奥さんがモデルということになっているんですが(笑)、「僕の奥さんのことを隠し撮りしたビデオでも見たのかな?」っていうくらい、すごく僕の書いている脚本のせりふのニュアンスを100%再現してくださっていて。

出典 https://thetv.jp

福田監督の奥さまをモデルに執筆されたという脚本。小泉さんは、脚本のニュアンスを100%再現されているそうです。特にポイントは、怒った時の表情だそうです。

偶然にもちょっとしたしぐさまで似ていて。一番びっくりしたのは、ウチの嫁が怒る時に、歯を食いしばってちょっと(アゴが)しゃくれるんですよ(笑)。「てんめぇ~!」って言って。

歯をギィ~ッと食いしばってしゃくれるその表情を、1回小泉さんがやられたことがあって。
「うわっ、そんなところまで!」とちょっと思いましたね。「そんなディテールまでちょっと…」みたいな感じはありましたね。

出典 https://thetv.jp

円子のセリフや演技が奥さまそのものであることは、福田監督の息子さんも認めている事実だそうです。

この前第1話の台本をウチの長男が読んで、めっちゃ笑ってましたもん。「ママや~ん!」て言って。本当に小泉さんは完璧でしたね。

出典 https://thetv.jp

かつては「いいこ」だったのに、結婚後に豹変…

結婚する前の奥さまは、本当に「いいこだった」という福田監督。結婚とともに豹変してしまった奥さまについて、トーク番組で鬼嫁エピソードを披露していました。

基本的に、うちの妻のスタンスは「お前の遊びみたいな仕事させてやってんだから、せめて家にいるときはあたしの言うことを全て聞きなさいよ」っていうのが彼女の基本スタンス。

出典フジテレビ「ボクらの時代」2014年10月19日放送より

撮影に出発する直前にも「ちょっと待って!カレーを作ってから行って」と命令されることがあるという福田さん。年に数回しか料理をしない奥さまで、福田監督が家事をすることも多いといいます。

大阪ロケ中の監督に「お皿洗いに帰ってきて!」

また、大阪にロケハンで出張するため、朝慌ただしく出発したことがあったそうです。そして夜、撮影が終わって携帯を確認すると、奥さまから大量の着信!慌てて電話してみると…

奥さん「おい、全然きょう洗いものしてねーじゃん。フライパンとか子どもの弁当箱とか全然洗ってねーじゃん」 
福田監「バタバタしててホントごめんなさい」
奥さん「いまから洗いに帰って」   
福田監「明日8時から通天閣でロケハンなのね。だからさすがに無理でしょ」  
奥さん「通天閣の形なんてみんな知ってるよ!!」  

出典フジテレビ「ボクらの時代」2014年10月19日放送より

まるで円子のようなやりとり!

普段は外面がよく、とても優しい女性を演じているという福田監督の奥さま。番組では、奥さまのことを「在宅ヤクザ」と称していました。

Twitterでも、鬼嫁エピソードがときどき登場

キャストとのオフショットなども公開している福田監督のTwitterアカウント。Twitterでは、奥さまの鬼嫁っぷりもときどき垣間見えています。

現実はドラマ以上!?

ドラマのシーンは、あれでマイルドな仕上がりになっているようです。しかも小泉さんもノリノリ!

「恵方巻き買ってきて!」って言ったのに…

コンビニの恵方巻きも、おいしいですもんね…。

風邪はひいてても海外旅行は決行

ハワイなら、暖かいから!風邪だって治る…のかもしれません。

LINEの返事が遅れると…

仕事で忙しい福田監督。しかし、LINEの返事が遅れると、奥さまから画像が送られてくるそうです。

やばい、早く返事しなきゃ!って気持ちになりますね。

「ムロツヨシを手放すな」実は先見の明があった!?

ドラマ撮影を見学した際に、ムロツヨシさんを見つけて「あの人の演技は素晴らしい」と監督より先に目をつけたという奥さま。「すぐに会ってきて。絶対に手放しちゃいけない」と監督に命令し、いそいでアポイントをとったことが監督とムロさんの出会いのきっかけだったそうです。

鬼嫁なエピソードが満載の奥さまですが、監督が決して離れないのは愛情があることはもちろん「見ていて面白いから」だとも話していました。ドラマの左江内夫妻同様、2人にしかわからない愛情がしっかりあるからこそ、この関係が成り立っているのでしょうね。

福田監督が奥さまをモデルに描きあげた鬼嫁・円子が活躍するドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」も今週末が最終回です。円子の鬼嫁っぷりにも注目してご覧ください。

この記事を書いたユーザー

みかん箱 このユーザーの他の記事を見る

へっぽこライターですが、文化的雪かきを目指して精進しています。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • 育児
  • 暮らし
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら